うみへび座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
うみへび座
Hydra
Hydra
属格 Hydrae
略符 Hya
発音 [ˈhaɪdrə]、属格:/ˈhaɪdriː/
象徴 the sea serpent
概略位置:赤経 8-15
概略位置:赤緯 −20
正中 4月
広さ 1303平方度 (1位
主要恒星数 17
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
75
系外惑星が確認されている恒星数 7
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α Hya(2.004
最も近い星 LHS 3003;(20.9光年)
メシエ天体 3
流星群 うみへび座α流星群
うみへび座σ流星群 (σ Hydrids)
隣接する星座 ポンプ座
かに座
こいぬ座
ケンタウルス座
からす座
コップ座
しし座
てんびん座
おおかみ座(角で接する)
いっかくじゅう座
とも座
らしんばん座
ろくぶんぎ座
おとめ座

うみへび座(海蛇座、Hydra)は、トレミーの48星座の1つ。星座の中で最も領域が広い。

みずへび座(Hydrus)とは、ラテン語の綴りもよく似ている。

主な天体[編集]

恒星[編集]

星団・星雲・銀河[編集]

なお、うみへび座には、うみへび座銀河団という銀河団がある。

その他[編集]

  • うみへび座A:電波源。

神話[編集]

勇者ヘーラクレース(ヘルクレス座)の12の冒険のうち、2番目がこの怪物ヒュドラー退治であった。この怪物は、9つの首を持ち、そのうちの1つは不死であった。また首を切ればすぐに新しい首が2つ生えてくるため、ヘーラクレースは苦戦した。彼は従者のイオラオスを呼び、切り口に火を当てて焼き、新しい首が生えないようにした。そして、不死の首は大きな岩の下敷きにしてようやく退治した[2][3]

呼称と方言[編集]

日本では、ヒドラ座と呼んだ時代がある。

出典[編集]

  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALPHARD. 2013年1月23日閲覧。
  2. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Hydra”. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0