みなみのさんかく座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みなみのさんかく座
Triangulum Australe
Triangulum Australe
属格 Trianguli Australis
略符 TrA
発音 [traɪˈæŋɡjʊləm ɒsˈtreɪliː]、属格:/traɪˈæŋɡjʊlaɪ ʔɒˈstreɪlɨs/
象徴 the Southern Triangle
概略位置:赤経 16
概略位置:赤緯 −65
広さ 110平方度 (83位
主要恒星数 3
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
10
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 3
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 α TrA(1.92
最も近い星 &η TrA;(39.5光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 じょうぎ座
さいだん座
コンパス座
ふうちょう座

みなみのさんかく座(南の三角座、Triangulum Australe)は、南天の星座の1つ。名前に三角のつく星座には、他にさんかく座がある。また星座以外で恒星によって構成される天球上の三角としては冬の大三角春の大三角夏の大三角がある。

主な天体[編集]

恒星[編集]

三角を恒星する星(α星、β星、γ星)は、さんかく座のそれよりも明るい。

  • α星:アトリアは、みなみのさんかく座で最も明るい恒星で、唯一の2等星[1]。オレンジ色の星[1]
  • β星
  • γ星

由来と歴史[編集]

ペーテル・ケイセルフレデリック・デ・ハウトマンが残した観測記録を元にペトルス・プランシウス1597年に作成した地球儀に残したものが最初である。ヨハン・バイエル1603年に発刊したウラノメトリアでそれを引用したことにより世に知られるようになった[2]

なお、これ以前の1589年にプランシウスが作成した地球儀にも、アルゴ座の南側に「南の三角形」が見られるが、これは今日のみなみのさんかく座とは関係のないものである[2]

画像[編集]

1690年に書かれた星座のイラスト。周りにくじゃく座やさいだん座が描かれている

出典[編集]

  1. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for * alf TrA. 2013年1月22日閲覧。
  2. ^ a b Ridpath, Ian. “Star Tales - Triangulum Australe”. Star Tales. 2013年5月11日閲覧。