プルタルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プルタルコス像

プルタルコス: Πλούταρχος:Plutarchus、46年から48年頃 - 127年頃)は、帝政ローマギリシア人著述家。著作に『対比列伝』(英雄伝)などがある。英語名のプルターク(Plutarch)でも知られる。

略歴[編集]

ボイオティアにあるカイロネイアの名門出身。アテナイ数学自然哲学を学び、ギリシャ本土と小アジアのサルディス、エジプトアレクサンドリアに赴き、カイロネイアの使節としてローマにも度々滞在した。生涯を故郷で過ごし、市民と親しく付き合い、ローマからの客をもてなしたので、家は大いに賑わったとされる。一方では、デルフォイ神殿の神官と交流を持ち、神託を推奨した。

思想的にはアカデメイア派に属し、その他ストア派ペリパトス派の考え方も取り入れていた。

著作[編集]

著作活動は熱心で、3世紀頃に編纂されたプルタルコス著作目録によれば、『対比列伝』(英雄伝)をはじめ、227もの書物が挙げられている。

『対比列伝』は1人の人物を記述した単独伝記4編と、古代ギリシアの人物と古代ローマの人物を対比した対比列伝22編からなる。対比列伝では、アテナイの王テーセウス王政ローマを建国したロームルススパルタの律法者リュクルゴスとローマの古王ヌマアレクサンドロス3世(大王)とカエサル、などが対比されている。

この『対比列伝』は16世紀ジャック・アミヨによる仏訳がなされ、その仏語版から17世紀のサー・トマス・ノースが訳した英語版を参考にシェイクスピアは『ジュリアス・シーザー』、『アントニーとクレオパトラ』、『コリオレイナス』などのローマ史劇を執筆したとされる[1]

『倫理論集(モラリア)』は政治・宗教・哲学などについて論じた随想集であり、エッセーの起源であるとされる。のちにモンテーニュラブレーなどのルネサンス期のフランス文学や、ラ・ロシュフーコーなど17、18世紀のフランスモラリストに、大いなる影響があった。

日本語訳[編集]

対比列伝[編集]

倫理論集(モラリア)[編集]

  • 『モラリア』全14巻(予定)、戸塚七郎・松本仁助ほか訳、京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、(1997年より刊行中、完結時期未定、2013年に11冊目刊)
  • 『倫理論集の話』(抜粋訳) 河野与一選訳、岩波書店。
  • 『モラリア』抜粋訳は、各・柳沼重剛訳(岩波文庫)で以下が刊。
    • 『饒舌について 他五篇』(1985年)
    • 『愛をめぐる対話 他三篇』(1986年)
    • 『食卓歓談集』(1987年) - 「酒席で哲学論議をしてもよいか」など33編。
    • 『似て非なる友について 他三篇』(1988年)
    • 『エジプト神イシスオシリスの伝説について』(1996年)

脚注[編集]

  1. ^ (トマス・ノース英訳版『プルターク英雄伝』は、1993年に龍渓書舎で高価な特製本2冊組で刊行(塚田孝雄編)
  2. ^ 元版は『プルターク英雄伝』全6巻、鶴見祐輔訳、改造社、1934年。

外部リンク[編集]