アルビレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はくちょう座β星A[1]
Albireo
Albireo.jpg
二重星であるアルビレオ
仮符号・別名 はくちょう座β星01[1]
星座 はくちょう座
視等級 (V) 3.085[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 19h 30m 43.28052s[1]
赤緯 (Dec, δ) +27° 57′ 34.8483″[1]
赤方偏移 -0.000080[1]
視線速度 (Rv) -24.07km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -7.17 ミリ秒/年[1]
赤緯: -6.15 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 7.51 ± 0.33 ミリ秒[1]
距離 434.09 ± 19.95光年[注 1]
(133.16 ± 6.12パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -2.537[注 2]
Position beta Cyg.png
位置
右端下の赤い矢印の先
物理的性質
スペクトル分類 K3II+ [1]
色指数 (B-V) +1.13[2]
色指数 (U-B) +0.62[2]
別名称
別名称
はくちょう座6番星A[1]
BD +27 3410[1]
FK5 732[1], HIP 95947[1]
HR 7417[1], SAO 87301[1]
■Project ■Template
はくちょう座β星B[3]
仮符号・別名 はくちょう座β星02[3]
視等級 (V) 5.088[3]
位置
元期:J2000.0[3]
赤経 (RA, α) 19h 30m 45.39543s[3]
赤緯 (Dec, δ) +27° 57′ 54.9950″[3]
赤方偏移 -0.000060[3]
視線速度 (Rv) -18km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: -1.90 ミリ秒/年[3]
赤緯: -1.02 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 8.16 ± 0.25 ミリ秒[3]
距離 399.51 ± 12.63光年[注 1]
(122.55 ± 3.87パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -0.354[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 B8Ve [3]
色指数 (B-V) -0.10[2]
色指数 (U-B) -0.32[2]
別名称
別名称
はくちょう座6番星B[3]
BD +27 3411[3]
HD 183914[3]
HIP 95951[3], HR 7418[3]
SAO 87302[3]
■Project ■Template

アルビレオ (Albireo) は、はくちょう座β星はくちょう座恒星で3等星。北十字を構成する星の1つ。全天で最も有名な二重星の1つでもある。

特徴[編集]

肉眼で見ると、アルビレオは単一の星のように見える。しかし、望遠鏡で見ると、二重星であることがすぐに分かる。3等星のβ星Aは金色に見え、5等星のβ星Bは青色に見える。球面角で 34.46秒離れており、この2つの星のペアは色がはっきり異なり、天球上で最もコントラストの鮮やかな二重星の1つである(その美しさのため「北天の宝石」とも呼ばれ、宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」でこの2つの星を、輪になって回るサファイアトパーズになぞらえている)。

この二重星は、見かけ上の二重星なのか、真の連星系なのかわかっていない。ヒッパルコス衛星の観測によれば、2つの星の固有運動の方向は一致しているものの、それぞれの固有運動の値は3倍ほど異なっている。これは誤差の範囲を超えている。もし、アルビレオが連星系であれば、約10万年の周期で公転しており、約6千億km(太陽系の大きさの約55倍に相当)以上離れている。[4]

主星は、それ自身が連星である。1979年、C.E.ウォーレイはアメリカ海軍天文台の66cm望遠鏡を使い、主星から0.40秒角離れた位置に主星より1.5等級暗い星を確認している[5] 。この星の色は、金色とも、黄色ともオレンジ色とも表現される。なお、今日では補償光学により主星と伴星の分離が可能となっている[6]

名称[編集]

ベータ Cyg、ベータ Cygni。キュグヌス(Cygnus)とはラテン語で「白鳥」の意味で、アルビレオは白鳥の頭部に位置しているため、英語では、beak star つまり「くちばしの星」と呼ばれることがある。

アルビレオという名前は、間違った翻訳と誤解に起源する。この星の名は元々、アラビア語で、アル・ミンハル・アル・ダジャジャー(al-Minhar al-Dajajah)、つまり「雌鳥のくちばし」であった。ラテン語学者が、名前はハーブの一種に由来すると誤解し、「アブ・イレオー、ab ireo」(「イレウスより」の意)と翻訳した。後世、人々は、この記述はアラビア語の術語の誤写だと考え、これを過剰修正して、al-bireo と転写した。

アルビレオに由来する事物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ a b 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALBIREO. 2013年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d イェール輝星目録第5版
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for CCDM J19307+2758B. 2013年2月11日閲覧。
  4. ^ p. 46, The Monthly Sky Guide, Ian Ridpath, Wil Tirion, Cambridge University Press, 2006, ISBN 0-521-68435-8.
  5. ^ Sky and Telescope 1980 March 59, 210
  6. ^ "Adaptive Optics Observations of Arcturus using the Mount Wilson 100-inch Telescope", PASP, 111. 556-558 (1999)

外部リンク[編集]