ポルックス (恒星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルックス
Pollux
仮符号・別名 ふたご座β星[1]
星座 ふたご座
視等級 (V) 1.15[1]
変光星型 Suspected
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 07h 45m 18.94987s[1]
赤緯 (Dec, δ) +28° 01′ 34.3160″[1]
赤方偏移 0.000011[1]
視線速度 (Rv) 3.33km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -626.55 ミリ秒/年[1]
赤緯: -45.80 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 96.54± 0.27ミリ秒[1]
距離 33.77 ± 0.09光年[注 1]
(10.36 ± 0.03パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 1.074[注 2]
Gemini constellation map.png
ポルックスとカストル。図の左上に位置する
物理的性質
半径 8.0 R
質量 1.86 M
自転周期 38 日
スペクトル分類 K0IIIb[1]
光度 32 L
表面温度 4,865 K
色指数 (B-V) +1.00[2]
色指数 (U-B) +0.85[2]
金属量 90%(太陽比)
別名称
別名称
ふたご座78番星
BD +28 1463[1], FK5 295[1]
HD 62509[1], HIP 37826[1]
HR 2990[1], SAO 79666[1]
LTT 12065[1]
■Project ■Template

ポルックス(Pollux)は、ふたご座β星ふたご座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。

概要[編集]

黄みの橙色をした恒星で、ふたご座の弟の頭にあたる星。また、兄の頭に当たる恒星(ふたご座α星)にはカストルの名称が付けられている。しかしカストルは2等星に分類される。日本では天頂から見て低い位置にあるのがポルックスである。この二つの恒星を「金星」「銀星」と呼ぶこともある。

バイエル符号では、通常は星座を構成する恒星のうち視等星が明るいものからα,β,・・・と命名されるが、ふたご座の場合はカストルがα星、より明るいポルックスがβ星とされている。

2002年4月小惑星パンドラによって星食があったが、天候不順のため観測できなかった。

惑星系[編集]

2006年6月には木星の1.5倍程度の質量を持つ惑星が発見され、ポルックスb(別名HD 62509 b)と命名された。

ポルックスの惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 2.3 ± 0.45 MJ 1.64 ± 0.27 589.64 ± 0.81 0.02 ± 0.03

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME POLLUX. 2013年1月15日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版

関連項目[編集]