さそり座ラムダ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さそり座λ星[1]
Lambda Scorpii
星座 さそり座
視等級 (V) 1.62[1]
変光星型 ケフェウス座β型変光星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 17h 33m 36.52012s[1]
赤緯 (Dec, δ) -37° 06′ 13.7648″[1]
赤方偏移 -0.000010[1]
視線速度 (Rv) -3km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -8.53 ミリ秒/年[1]
赤緯: -30.80 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 5.71 ± 0.75 ミリ秒[1]
距離 570.93 ± 86.33光年[注 1]
(175.13 ± 26.48パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -4.597[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 B2IV+ [1]
色指数 (B-V) -0.22[2]
色指数 (U-B) -0.89[2]
別名称
別名称
シャウラ
さそり座35番星[1]
CD -37 11673[1]
FK5 652[1], HD 158926[1]
HIP 85927[1], HR 6527[1]
SAO 208954[1]
■Project ■Template

さそり座λ星は、さそり座恒星で2等星。さそり座ではアンタレスに次いで明るい恒星である。

特徴[編集]

青白色の準巨星ケフェウス座β型変光星であり、わずかに変光するが、変光範囲が小さいので眼視観測ではこの変光はわからない。

この星は3つの星からなる重星である。λ星Bは15等星で、λ星Aとλ星Bは42秒離れている。λ星Cは12等星で、λ星Aからは95秒離れている。ただし、これらが物理的な影響を及ぼしあう連星であるのかどうかは知られていない。もし連星だとするなら、AとBの間は7500天文単位、AとCの間は17,000天文単位(0.27光年)離れていることになる。

また、さそり座υ星とは肉眼でも見える重星となっている。中国では「尾宿」日本では「おとどい星」とも言われる。

分光・干渉観測によって、λ星Aは三重連星であり、2個のB型星と1個の前主系列星から成っていることがわかった。主星はケフェウス座β型変光星である[3] [4]。前主系列星は6日の公転周期を持ち、B星は1053日の公転周期を持っている。3個の星は同じ公転面の上にあり、従ってこれらの3つの星が同時に誕生したことを強く示唆している。主星、前主系列星、B星はそれぞれ太陽質量で10.4±1.3、1.8±0.2、8.1±1.0である。星系の年齢は1000万年-1300万年程度と見積もられている。

干渉観測と分光観測では星系までの距離を他の手法からは独立で求めることができ、これによると星系までの距離は112±5パーセクであった。

名称[編集]

学名はλ Scorpii(略称はλ Sco)。固有名シャウラ(Shaula)とはアラビア語で毒針の意。中国語では尾宿八と呼ばれる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* lam Sco. 2013年1月29日閲覧。
  2. ^ a b イェール輝星目録第5版
  3. ^ Interpretation of the variability of the β Cephei star λ Scorpii. I. The multiple character, K. Uytterhoeven, B. Willems, K. Lefever, C. Aerts, J. H. Telting, and U. Kolb, Astronomy and Astrophysics 427 (2004), 581–592. Abstract on ADSABS
  4. ^ Orbital elements, masses and distance of λ Scorpii A and B determined with the Sydney University Stellar Interferometer and high-resolution spectroscopy, W. J. Tango, J. Davis, M. J. Ireland, C. Aerts, K. Uytterhoeven, A. P. Jacob, A. Mendez, J. R. North, E. B. Seneta, and P. G. Tuthill, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 370 (2006) 884–890. Abstract on ADSABS

関連項目[編集]