セルシウス度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
摂氏から転送)
移動: 案内検索
セルシウス度(摂氏温度)
degré Celsius
degree Celsius
体温計
記号 °C
国際単位系 (SI)
種類 組立単位
温度
定義 ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの
由来 凝固点を0度、沸点を100度とする温度
語源 アンデルス・セルシウス
テンプレートを表示

セルシウス度(セルシウスど、記号 °C)は、温度単位である。考案者のアンデルス・セルシウスにちなむ。摂氏温度(せっしおんど)ともいう。摂氏の語源は、セルシウスの中国音訳「摂尓修斯」(シュアルシゥスー、繁体字攝爾修斯簡体字摄尔修斯ピン音:Shèěrxiūsī)から「」+人名に付ける接尾辞「」で、「摂氏」「温度」になった。

定義[編集]

現在の定義は、「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」である。元々の定義は凝固点を0度、沸点を100度とするものであった(詳しくは歴史を参照)。

用法[編集]

例えばセルシウス度による温度は、日本語では「15°C」または「摂氏15度」と表現する。「°C」または「摂氏」を省略しないのが正式であるが、一般の日常生活(気象情報ニュースなども含め)においては単に「15度」(気象情報の各地の温度などでは「15」)と表現することも多く、場合によっては同様に「度」という表現を用いるファーレンハイト度(華氏温度)や角度と混同される恐れがある。

英語では“fifteen degrees Celsius”または“fifteen degrees centigrade”と読み、“15 deg C”と略記する。日本語の場合にも科学の学術の発音では上記誤解を避けるため「ドシー」と呼ぶこともある。

歴史[編集]

セルシウス度はスウェーデン人のアンデルス・セルシウス1742年に考案したものに基づいている。当初は現在とは逆に1気圧下におけるの沸点を 0°C、凝固点を 100°Cとしてその間を100等分し、低温領域に伸ばしていた。これは自然環境下において負数を考慮する必要がなくなるという意味がある。しかしその後、定義は凝固点を0°C、沸点を100°Cとする現在の方式に改められた。これは、カール・フォン・リンネかセルシウスの用いていた殆どの温度計の製作者であるDaniel Ekströmの換言によるものかもしれないといわれている。

水の沸点と融点の間に100の目盛があることから、この体系のもともとの名称は“centigrade”(「百分度」の意)であった[要出典]。しかし1948年の第9回国際度量衡総会にて、名称が正式にセルシウスへと変更になった。これには、セルシウス自身の認知のためとSI接頭辞であるセンチ(centi)との衝突からくる混乱(centigradeがgradeという単位の100分の1と勘違いされる)を避けるという目的があった。ただし、現在でも“centigrade”で通じる。

その後の物理的な計測方法の進歩と熱力学温度の採用により、現在の定義は「ケルビン(K)で表した熱力学温度の値から273.15を減じたもの」となっている。つまり水の三重点を0.01°Cとし、水の三重点と絶対零度の温度差の273.16分の1を1°Cとしている。「273.16分の1」という数字は、セルシウス度における1度の温度差をそのままケルビンの1度の温度差として使用するためのものである。すなわち、セルシウス度とケルビンの目盛の幅(1度の温度差)は等しい。なお、この定義により水の沸点はちょうど100°Cから99.974°Cに変更された。

セルシウス度は日常の様々なところで用いられているが、イギリスアイルランドの放送メディアの中にはセンチグレードと呼ぶところも多い。なお、アメリカ合衆国では日常生活の全般を通じて、依然単独でファーレンハイト度(華氏温度)を用いている。

単位の換算[編集]

  • セルシウス度からファーレンハイト度への換算
\textstyle F=\frac{9}{5}C+32
  • ファーレンハイト度からセルシウス度への換算
\textstyle C=\frac{5}{9}(F-32)
  • −40°Cと−40°Fは等しく、上の式は次のようにも表せる。
\textstyle C=\frac{(F+40)}{1.8}-40
温度の単位の比較
ケルビン セルシウス度 ファーレンハイト度 ランキン度 ドリール度 ニュートン度 レオミュール度 レーマー度
絶対零度 0 −273.15 −459.67 0 559.725 −90.14 −218.52 −135.90
地球表面の最低気温(※1) 183.95 −89.2 −128.56 331.11 283.8 −29.436 −71.36 −39.33
ファーレンハイト寒剤 255.37 −17.78 0 459.67 176.67 −5.87 −14.22 −1.83
融点標準状態下) 273.15 0 32 491.67 150 0 0 7.5
地球表面の平均気温 288 15 59 518.67 127.5 4.95 12 15.375
人間の平均体温 309.95 36.8 98.24 557.91 94.8 12.144 29.44 26.82
地球表面の最高気温(※2) 329.85 56.7 134.06 593.73 64.95 18.711 45.36 37.268
水の沸点(標準状態下) 373.15 100 212 671.67 0 33 80 60
チタンの融点 1941 1668 3034 3494 −2352 550 1334 883
太陽の表面温度 5800 5526 9980 10440 −8140 1823 4421 2909

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2103 1-1-78 ℃
℃
セ氏度記号