ワシントン重星カタログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワシントン重星カタログ(Washington Double Star Catalog、WDS)は、アメリカ海軍天文台によって運用されている二重星天体カタログである。このカタログには、2006年7月現在で、10万2,387個の二重星について、位置、等級、固有運動スペクトル型の情報が掲載されている。また、二重星以外の多重星も含まれている。

歴史[編集]

ワシントン重星カタログを作るのに用いられたデータベースは、Index Catalogue of Visual Double Starsの作成にも用いられたもので、1963年にリック天文台が発行したものである。1965年、チャールズ・ウォーリーの下でアメリカ海軍天文台に移された[1]。それ以来、ヒッパルコススペックル・イメージングやその他から観測データを集め、収録数を増加させている[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Charles Worley obituary, Geoffrey G. Douglass, Thomas E. Corbin, and Brian D. Mason, United States Naval Observatory. Accessed on line September 4, 2008.
  2. ^ The Washington Double Star Catalog, 2001.0, Brian D. Mason, Gary L. Wycoff, William I. Hartkopf, Geoffrey G. Douglass, and Charles E. Worley, Astrometry Department, United States Naval Observatory. Accessed on line September 4, 2008.

外部リンク[編集]