アトラク=ナクア (架空の神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アトラク=ナクアAtlach-Nacha アトラック=ナチャ アトラク=ナチャ又はアトラナート)は、クトゥルフ神話などに登場する蜘蛛の神性をもつ架空のの名前である。

概要[編集]

ツァトゥグァと共に幽閉された。ン・カイの中、もしくは下に住み、広大な深淵に巨大な巣を張りつつ、無限の幽閉期間を送っている。

人間と同じくらいの大きさのクモで、昆虫の器官を多数持っている。真紅の目を持ち、体は黒檀色の毛で覆われ丸太のような脚を持ち、甲高い声を出すとされる。いつ、どこで生まれたのかは定かではない。

全てのクモを支配するものとされているが、その説は迷信らしい。

自分の作業を邪魔されることを極端に嫌う。なぜ深淵の谷間に巣を張るのか、目的は不明。一説には巣が完成した時が世界が滅ぶ時だという。

登場作品[編集]

関連項目[編集]