氷川へきる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
氷川 へきる
生誕 1975年1月31日(39歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
代表作 ぱにぽに
公式サイト 氷川へきる 公式ホームページ
『 NationalMediaBoys 』
テンプレートを表示

氷川 へきる(ひかわ へきる、1975年1月31日[1] - )は、日本男性[1]漫画家東京都出身[1]血液型B型[1]

経歴[編集]

高校卒業後、情報系専門学校中退。後に『ゲーメスト』(新声社)の編集者を経て、ライター業を中心として漫画家アシスタント同人活動・コミックマーケットのスタッフなどをこなす。2000年に『ぱにぽに』でオリジナルデビューを果たす。

人物[編集]

  • ペンネームの「氷川へきる」は知り合いが名付けた。当時声優に詳しくなく、椎名へきるをもじったものだとは気付かずにそのまま使用して今に至る。自称「世界一酷いペンネーム」。曰く、ここまで酷いと開き直れるので良いという。このペンネームで同人活動を始めた当初、椎名へきるのファンから文句のメールが送りつけられたことも原因とされる。
  • 「碧衣音乃」「琴月へき」「プラズマ仙人」「氷川へきを」などの名義を使ったこともある。
  • 子ども時代から海外ドラマ、洋画のファンであり、同人誌サークル「スパイシー大作戦」の名前(『スパイ大作戦』が元ネタ)や作品中の洋画パロディーにその奥深さを垣間見ることができる(『フルメタル・ジャケット』、『キャリー』などがネタに使われた)。
  • 各作品は同一の世界観を共有している。
  • 漫画家の是空とおる鈴木次郎は友人。
  • 漫画家の畑健二郎は、同人時代からの氷川ファンである。
  • さよなら絶望放送のリスナーであり、公開録音に参加したり、放送の中でまれに「氷川へきる」に関するメールが届いたり、パーソナリティーの神谷浩史に「へっきー」という愛称で呼ばれたりしている。
  • 主にシャフト製作のアニメ作品にてエンドカードのイラストを数多く手がけている。

著作一覧[編集]

絵やデザイン[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d profile 2011年11月25日閲覧。
  2. ^ GAINAX NET Toppage Gallery 2005年12月02日 2013年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]