ヘモグロビン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘモグロビン
Bleeders
監督 ピーター・スヴェテク
脚本 ダン・オバノン
ロン・シュゼット
チャールズ・アデール
製作 ピーター・クローネンバーグ
ジュリー・アラン
製作総指揮 ジョン・ブカナン
エド・エルバート
ゲイリー・ホーサム
出演者 ルトガー・ハウアー
ロイ・デュピュイ
クリスティン・リーマン
音楽 アラン・リーヴス
撮影 バリー・グラベル
編集 ハイジ・ヘインズ
配給 フライズ・フィルム・グループ
Aピックス・エンタテインメント
公開 イタリアの旗 1997年7月31日
アメリカ合衆国の旗 1998年10月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ヘモグロビン』(Bleeders)は、1997年に制作されたカナダアメリカ合衆国ホラー映画ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの怪奇小説『潜み棲む恐怖』(The Lurking Fear)を映画化したものである。

ストーリー[編集]

16世紀半ば、オランダの貴族ヴァン・ダム一族は、近親相姦快楽主義などの悪評から祖国を追われ、新天地アメリカへと移住し、そこに居城を構えて世俗との交わりを絶ち、やがて一族は歴史の表舞台から姿を消していった。

そして現代、虚弱体質の青年ジョン・ストラウスは妻キャスリーンを伴い、ニューイングランドの孤島を訪れた。光アレルギーと原因不明の敗血症に苦しむ彼は、自分の先祖がこの島の出身であるという事を知り、病気の原因を究明する鍵があるのではないかと考えたのである。

島に着くやいなや発作に襲われたジョンは、地元の医師マーロウの治療を受ける。ジョンの血液のサンプルを採取したマーロウは、彼の赤血球に見られる異常が、75年前の城の大火事で滅んだヴァン・ダム一族の胎児のホルマリン漬けのものと同じである事に気付いた。一方、島では土地開発と葬儀屋のバード・ゴードン夫人が違法な木材を使って棺桶を製造していた事がにばれて強制捜査に入られた為に墓場の移動が行われており次々に棺桶が掘り起こされていたが、奇妙な事に棺桶の底が壊されて死体が跡形もなく消失していたのであった。夜中に墓場の移動先となったヴァン・ダム一族の墓地を訪れた葬儀屋の一人娘でジョンとキャスリーンが宿泊しているホテルの経営者アリス・ゴードンは、最近埋葬されたばかりの棺桶の底を破って中の死体を地中に引きずり込んで現れた何者かによって地中へ引きずり込まれてしまった。

ジョンはキャスリーンと共にバードの道案内で島を見下ろす崖の上に建つヴァン・ダム一族が住んでいた城を訪れ、一人で城を管理していてかつてヴァン・ダム一族の使用人で看護師だった老女レクシーから一族の秘密と自分が75年前の大火事で唯一生き残った赤ん坊の子孫である事を聞かされるがそこにも何者かが現れてレクシーが殺され、バードはヴァン・ダム一族の墓地でちょうどアリスが何者かによって地中へ引きずり込まれた現場で何者かに襲われて行方不明になってしまう。

そして港にも現れたその何者かは誤って海に落ち、船のスクリューに巻き込まれて無残な姿となっていた。その死体を検証したマーロウ医師は、怪物の血液がヴァン・ダム一族のものと同じであることを発見する。その後、墓場で遊んでいた少女が何者かによって地中へ引きずり込まれてしまうという事件が発生し、少女が引きずり込まれた穴が奇妙なトンネルに通じているのが発見されマーロウ医師が調査すると、その奥で白骨死体と怪物の群れと怪物に食い殺された少女とゴードン母子を発見した。 実は、ヴァン・ダム一族はジョンの一族を除いて完全に滅んでしまったわけではなく、光への極端なアレルギーから地中へと逃れ、墓場に埋葬された死体を食料として生き延び、一族内で繁殖を繰り返しながら奇形の怪物へと成り果てていった。ところが、墓場の移動で食料が無くなったことから、生きている人間を狙うようになったのだ。

やがて島に嵐が近づき、嵐の接近の影響で電話線や無線が寸断されて孤立状態となった人々は照明器具や武器になりそうな物を手に灯台へと避難する。ところが落雷で島全体が停電になってしまい、食料を求める怪物たちが灯台へと集まってきた・・・。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マーロウ医師 ルトガー・ハウアー 有本欽隆
ジョン・ストラウス ロイ・デュピュイ 宮本充
キャスリーン・ストラウス クリスティン・リーマン 日野由利加
レクシー ジャッキー・バロウズ 京田尚子
ハンク・ゴードン ジョン・ダン=ヒル 宝亀克寿
バード・ゴードン ジョアンナ・ノイズ 磯辺万沙子
アリス・ゴードン ジャニーン・テリオー

外部リンク[編集]