バタリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バタリアン
The Return of the Living Dead
監督 ダン・オバノン
脚本 ダン・オバノン
製作 トム・フォックス
製作総指揮 ジョン・デイリー 、デレク・ギブソン
出演者 クルー・ギャラガー
音楽 マット・クリフォード
撮影 ジュールス・ブレンナー
配給 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年8月16日
日本の旗 1986年2月15日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 バタリアン2
テンプレートを表示

バタリアンBattalion、原題:The Return of the Living Dead)は、1985年アメリカで製作されたホラー映画で、コメディ要素も持ち合わせている。シリーズ作品は、2006年の時点で5本作られている。

概要[編集]

本作は、ゾンビ映画の礎的な作品である『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のパロディとなっている。「ホラー映画」というジャンルに分類されてはいるが、コメディ要素が盛り込まれている。邦題の「バタリアン(Battalion)」は、日本の配給会社の東宝東和による日本の独自もので、英語で「大隊」や「大群」の意。この映画タイトルを元に、「オバタリアン」という流行語も生まれた[1]。本作においては“『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』で描かれている出来事は事実だった”と設定されている。本シリーズのゾンビは、トライオキシン245という物質により死体が蘇生しゾンビ化するというもので、頭を破壊したり、燃やすことで撃退できるという従来の方法論は通用しない(ただし、作品によって微妙に設定が異なる)上に会話が可能であり、無線機を使用して人を誘き出すなどある程度の知能が残されているのが特徴である。登場するゾンビにはそれぞれ個性があり、コールタール漬けにされていた「タールマン」、上半身だけの老女ゾンビ「オバンバ」など、そのキャラクター性が強く描かれている。なお、本シリーズは作品毎に製作会社が違うが、これは本シリーズに限らず、シリーズ物のホラー映画においては比較的多く見られる特徴でもある。

バタリアン[編集]

オライオン・ピクチャーズ製作、1985年(日本では1986年)公開。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』へのオマージュが随所に見られ、ゾンビ映画好きにとって笑えるパロディが盛り込まれている。ラジオCMは「あたしオバンバ、あなたの脳味噌食べさせて〜」というものだった。

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルにあるユニーダ医療会社で働くこととなったフレディは、先輩社員のフランクから、軍の移送ミスによって会社の倉庫にゾンビが保管されている事を知らされる。2人がそのゾンビの入った容器を叩いてみたところ、そこから突然ガスが噴き出した。ガスは“死体を蘇らせてゾンビ化させる”という物質「トライオキシン245」だったため、医学用に保管されていた死体がゾンビとなる。フレディとフランクは社長のバートを呼び、3人がかりでゾンビを取り押さえる。バートはゾンビを秘密裏に処理しようと、会社のそばにある火葬場で働くアーニーの元へゾンビを持ち込み、焼却することにした。しかし、煙突から舞い上がった煙は雨雲を呼び、墓地に染み込んだ雨水は死体を次々とゾンビにしていく。そして、ガスを浴びたフレディとフランクも・・・

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
バート クルー・ギャラガー 小林修
フランク ジェームズ・カレン 藤本譲
アーニー ドン・カルファ英語版 富田耕生
フレディ トム・マシューズ英語版 樋浦勉
ティーナ ビバリー・ランドルフ 吉田美保
チャック ジョン・フィルビン英語版 塩沢兼人
ケーシー ジュエル・シェパード英語版 小山茉美
スパイダー ミゲル・ヌニェス 二又一成
スクーズ ブライアン・ペック 堀内賢雄
トラッシュ リネア・クイグリー 勝生真沙子
スーサイド マーク・ヴェンチュリニ 屋良有作
グローバー大佐 ジョナサン・テリー 納谷悟朗
大佐の妻 キャスリーン・コーデル 沼波輝枝
タールマン アラン・トラウトマン
ロバート・ベネット
島香裕
  • 日本語吹替:初回放送、日本テレビ1987年6月5日『金曜ロードショー/最新ショック&ホラー超ヒット作TV初登場「バタリアン」今夜あの有名人?オバンバ登場 もう限界ですー』※HDリマスター版DVD収録
翻訳:たかしまちせこ 日本語版制作:ニュージャパンフィルム
その他声の出演:片岡富枝納谷六朗村山明伊井篤史川口明美大塚芳忠谷口節

バタリアン2[編集]

原題はReturn of the Living Dead Part II。ロリマー・プロダクション製作、1987年公開。人気を博した第一作に続いて、2作目である『バタリアン2』が作られた。新しくキャラクター性の強いゾンビは登場するものの、ストーリーはほぼ1作目と同じである。

ストーリー[編集]

1台の米陸軍トラックが走行中、段差の弾みで積荷の複数のドラム缶を落とし走り去っていった。その中身は、死体をゾンビ化させるというトライオキシンだった。それを見つけたジェシーたち3人の少年。うち2人がドラム缶の管理ボタンをいじり、噴出したガスを浴びてしまう。ガスを浴びた少年はゾンビ化していき、ガスは墓場へ。地中へ染み出したガスにより、死者が次々とゾンビとして蘇っていく……

スタッフ[編集]

  • 監督 - ケン・ウィーダーホーン
  • 製作 - トム・フォックス、 ウィリアム・S・ギルモア
  • 脚本 - ケン・ウィーダーホーン
  • 撮影 - ロバート・エルスウィット
  • 音楽 - ウラジミール・ホルンツィ

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェシー マイケル・ケンワーシー英語版 井上瑤
ルーシー マーシャ・ディートレイン 水谷優子
トム ダナ・アシュブルック 山寺宏一
ジョーイ トム・マシューズ 樋浦勉
エド ジェームズ・カレン 藤本譲
マンデル医師 フィリップ・ブランズ 滝口順平
ブレンダ スザンヌ・スナイダー さとうあい
  • 日本語吹替:初回放送、日本テレビ1989年6月2日『金曜ロードショー』
翻訳:高橋京子 日本語版制作:ニュージャパンフィルム

バタリアン リターンズ[編集]

原題はReturn of the Living Dead 3。トライマーク・ピクチャーズ製作、1993年公開。日本では劇場未公開のシリーズ第3作。『バタリアン3』ではなく、『バタリアン リターンズ』のタイトルでビデオ発売された。コメディ要素が抑えられ、恋愛要素を盛り込んだシリアス路線となるなど、以前の作品とは一線を画したものとなっている。

ストーリー[編集]

カートは恋人であるジュリーをバイク事故で亡くしてしまう。カートの父は軍の施設で働いており、そこでは死体をゾンビ化させる物質・トライオキシンを兵器として転用する研究を行っていた。その事を知るカートは施設に忍び込み、トライオキシンを使ってジュリーを蘇生させるが、蘇ったジュリーは人を襲い出す……

スタッフ[編集]

  • 監督 - ブライアン・ユズナ
  • 製作 - ゲイリー・シュモーラー、 ブライアン・ユズナ
  • 脚本 - ジョン・ペニー
  • 撮影 - ジェリー・リヴリー
  • 音楽 - バリー・ゴールドバーグ

キャスト[編集]

役名 俳優
カート・レイノルズ J・トレヴァー・エドモンド
ジュリー・ウォーカー ミンディ・クラーク
ジョン・レイノルズ ケント・マッコード
シンクレア サラ・ダグラス
ペック ジェームズ・T・キャラハン
ミンディ アビゲイル・レンツ
フィリップ サル・ロペス

バタリアン4[編集]

原題はReturn of the Living Dead:Necropolis。ルーマニアウクライナで製作、2005年(日本では2006年)公開。前作の『バタリアン リターンズ』から、12年ぶりに製作された。本作は、バタリアンの基本的な設定を引き継ぎ、ティーンエイジャー映画としての要素を盛り込んでいる。また、本作は映画としては世界で初めて実際にチェルノブイリでのロケ撮影が行われている。

ストーリー[編集]

軍が極秘のうちに開発したゾンビ化物質トライオキシン5は、幾度もゾンビを発生させる事故を起こしたために全て廃棄処分となる。しかし、その一部が巨大複合企業ハイブラテック社の手に渡り、生物兵器としての実験が続けられることになった。叔父であり、ハイブラテック社で実験に携わる科学者のチャールズと同居する高校生のジュリアンは、モトクロスで転倒事故を起こした友人のジークが死亡したと聞かされる。しかし、友人のケイティからハイブラテック社に運び込まれるジークの姿を見たと伝えられ、ゾンビ化実験の事実を知ることになる。ジュリアンは仲間とハイブラテック社の工場へジークの救出に向かうのだが……

スタッフ[編集]

  • 監督 - エロリー・エルカイェム
  • 製作総指揮 - ウラジミール・ドスタル、トム・フォックス、ニコライ・マカロフ
  • 製作 - アナトリー・フラディス、スティーブ・スカルドゥッツィオ
  • 脚本 - ウィリアム・バトラー、アーロン・ストロンゴーニ
  • 撮影 - ガブリエル・コサス
  • 音楽 - ロバート・ダンカン

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャールズ ピーター・コヨーテ 小田桐一
ジュリアン・ギャリソン ジョン・キーフ 内田夕夜
ケイティ・ウィリアムズ ジャナ・クレイマー 岡寛恵
ベッキー エイミー=リン・チャドウィック 加納千秋
コーディ コリー・ハードリクト 樫井笙人
ジーク・ボーデン エルヴィン・ダンデル 西凜太朗
ジェイク・ギャリソン アレクサンドル・ジョアナ 庄司由季
カルロス トマ・ダニラ 佐藤せつじ
ミミ・ロメロ ダイアナ・マンテーニュ ちふゆ
ヘクター セルバン・ジョルゲヴィッチ 一馬芳和
ボリス ゲル・ニトゥ 中村浩太郎
クラスティ ボリス・ペトロフ 赤城進
ダレン ラズヴァン・オプレア 中國卓郎
レイバーン先生 ナタリー・エスター 橘凜

バタリアン5[編集]

原題はReturn of the Living Dead:Rave To The Grave。前作同様、ルーマニアとウクライナで製作、2006年公開。前作で生き残った高校生たちが大学生となっており、『バタリアン4』の直接的な続編にあたる。前作でヒロインを演じていたジャナ・クレイマーが急病で降板したため、新たなヒロインとしてジェニー・モーレンが起用された。また本作において、かつて人気を博したゾンビ「タールマン」が復活している。

ストーリー[編集]

ハイブラテック社の工場でのゾンビとの戦いで生き残ったジュリアンは大学生になっていた。ある日、ジュリアンは叔父のチャールズが地下室に隠していたドラム缶に入ったトライオキシン5を見つける。化学に詳しい友人のコーディに調べてもらったところ、トライオキシン5はドラッグに転用できる事が判明。コーディはトライオキシン5を使ってZ(ズィー)というドラッグを作り出し、学生に売りさばいていく。Zは学生の間に広まっていき、次々とゾンビを生み出していく……

スタッフ[編集]

  • 監督 - エロリー・エルカイェム
  • 製作総指揮 - ウラジミール・ドスタル、トム・フォックス、ニコライ・マカロフ
  • 製作 - アナトリー・フラディス、スティーブ・スカルドゥッツィオ
  • 脚本 - ウィリアム・バトラー、アーロン・ストロンゴーニ
  • 撮影 - トーマス・キャラウェイ
  • 音楽 - ロバート・ダンカン 、ラルフ・リッカーマン

キャスト[編集]

役名 俳優 備考
ジュリアン・ギャリソン ジョン・キーフ
ジェニー ジェニー・モーレン
ベッキー エイミー=リン・チャドウィック
コーディ コリー・ハードリクト
チャールズ ピーター・コヨーテ
アルド・セラ クローデュ・ブリュオント
ジーノ ソリン・コシス
ジェレミー ケイン・マノリ ケイン・ミネア・マノリュ名義で出演

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ビデオ化されたDVDのパッケージの表紙より。

外部リンク[編集]