クトゥルフの呼び声 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クトゥルフの呼び声』(クトゥルフのよびごえ、: The Call of Cthulhu)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフト1928年に発表した小説。ラヴクラフト、およびクトゥルフ神話の代表作。

あらすじ[編集]

ウィアード・テールズ1928年2月号、下に"H. P. Lovecraft"の名前が見える

物語の冒頭、アルジャーノン・ブラックウッドが引用され、「太古から生き続ける偉大な存在」が仄めかされる。本編は、[1]死亡した人物フランシス・ウェイランド・サーストンの発見された手記という形式で綴られている。書きおき中の「わたし(故サーストン)」がこれも死亡した伯父、老教授が残した遺品の謎に魅入られ、手掛かりを求めて世界中を旅する。この部分は3章立てとなっており、

  1. 彫刻家ウイルコックスの粘土板
  2. ルグラース警部の押収した石像
  3. ヴィジラント号の海難事故にまつわる新聞記事

これら全てに共通するのは「Cthulhu (クトゥルフ/クトゥルー/クルウルウ/クスルー)」という発音すら定かでない固有名詞が仄めかされる点である。こうした話の全貌は読者それぞれが推理し、繋げて行く事を求められるような文体である。実在する大学名や地名、ジェームズ・フレイザーの「金枝篇」などが登場し、読者の教養を前提とする点も特色。

「わたし」はヴィジラント号の唯一の生き残りが残した手記を発見し、彼らを襲った運命とその異様な内容を見出す。いまや多くを知り過ぎた「わたし(故サーストン)」はクトゥルフ教団から狙われている事を悟り、手記が読まれずに処分される事を願い、また手記を読むものへ警告をする。

概要・評価[編集]

初出はウィアード・テールズ1928年2月号。執筆は1926年。ウィアード・テールズはこの作品を一度ボツとした事実がある。ラヴクラフト自身はこの作品を「そこそこの出来、自作のうち最上のものでも最低のものでもない」と評した[2]。同僚作家のロバート・E・ハワードは「人類史上に残る文学の金字塔であり、ラヴクラフトの傑作」と激賞している[3]

先行作品として指摘されるもの[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウィアードテールズ掲載時には、故人の名前が、副題として枠外に印刷されており、それが見逃されたラブクラフト全集2巻などの初期の翻訳では、この小説そのものが故人(クトゥルフ教団に暗殺殺された可能性が高い)の発見された手記である点が抜け落ちている。『クトゥルー』7巻(青心社)「クトゥルー画廊」解説文参照
  2. ^ S.T. Joshi, More Annotated Lovecraft, p. 173.
  3. ^ Quoted in Peter Cannon, "Introduction", More Annotated Lovecraft, p. 7.
  4. ^ [1][リンク切れ]
  5. ^ S. T. Joshi and David E. Schultz, "Call of Cthulhu, The", An H. P. Lovecraft Encyclopedia, pp. 28-29.
  6. ^ Lord Dunsany (1878-1957)”. Works; Short bibliography. Dunsany (2003年12月). 2012年1月26日閲覧。
  7. ^ Price, "The Other Name of Azathoth". これはまたラヴクラフトの創造によるアザトースのネタ元でもあるとされている。

関連項目[編集]