エーリッヒ・ツァンの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エーリッヒ・ツァンの音楽』(エーリッヒ・ツァンのおんがく)は、1921年アメリカの怪奇幻想小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトによって書かれた短編小説である。

概要[編集]

日本で初めて翻訳されたラヴクラフトの作品で、『宝石』1955年9月号に掲載された[1]

クトゥルフ神話で知られるラヴクラフトの短編で、最初にクトゥルフ神話作品を取りまとめたオーガスト・ダーレスは、本作をクトゥルフ神話に数えていなかった。だが、後に本作の続編がクトゥルフ神話作品として書かれた[2]こともあって、今ではクトゥルフ神話作品として知られている。

また、音楽の要素を取り入れた怪奇小説を執筆し、クトゥルフ神話の書き手としても知られているスティーブン・マーク・レイニーは、1981年にジョージアの大学で本作を読んだのがラヴクラフトとの、クトゥルフ神話との出会いであったと、彼が編んだ音楽クトゥルフ神話集の「Song of Cthulhu」(本作も収録されている)で語っている[3]

あらすじ[編集]

ドイツのオーゼイユ街という老人ばかりの貧民街に、奇妙な音楽を奏でる風変わりな唖のヴィオル弾きの老人が居た。エーリッヒ・ツァンというその老人は、高い屋根裏部屋に棲み、毎夜、場末の劇場へ演奏に出かけていた。その音楽に魅了された主人公は、一度、部屋に入らせてもらい音楽を聞かせてもらう。その時、老人がカーテンに遮られたままの窓の外を警戒していることに気付く。そして老人は演奏が激しければ激しい程、憔悴していく。

或る夜、老人の音楽は荒々しいものになり、やがて老人の部屋から悲鳴が聞こえ、飛び込んだ主人公は失神していた老人を助ける。しかし、その後、外から美しい音が聞こえ出すと老人も慌てたようにヴィオルを奏で始めるが、まるで外から聞こえてくる音楽を打ち消そうとするかのようだった。老人の様子が狂乱したようになっていくと、突然、はるか西の空から悪魔のような音色が響き出す。そして、窓からの突風が飛び込み火を消してしまう。その時、見えた窓の外はこの世ではなく、真っ暗な空間が続いていた。老人は狂ったようにヴィオルを弾き続け、主人公が触れると老人の身体は冷たく硬直しており息もしていなかった。そこを飛び出して街を逃げ出した主人公は、後になってその場所を探そうとしたが、見つけることはできなかった。

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東(1995)pp.021-023
  2. ^ ジェイムズ・ウエイド『The Silence of Elika Zann』(「Disciple of Cthulhu ISBN-10: 0879972580」所収)
  3. ^ 「Song of Cthulhu 」INTRODUCTION、ISBN 13-1568821174

関連項目[編集]

  • 山田章博 - 「怪奇骨董音楽箱」(『紅色魔術探偵団』第四話)に、エーリッヒ・ツァンと書かれたラベルの貼られた聴くと死に誘われるヴィオル演奏のレコードが登場する。