ルイス・パジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・パジェット(Lewis Padgett)は、アメリカ合衆国のSF作家ヘンリー・カットナーC・L・ムーアの共同ペンネームである。詳しくは各人の項目を参照。

パジェット名義での作品には以下のものがある。


  • A Gnome There Was, 1941.「地の底に棲む鬼」
  • Piggy Bank, 1942.
  • Deadlock, 1942.
  • The Twonky, 1942.「トオンキィ」
  • Compliments of the Author, 1942.「著者謹呈」
  • Time Locker, 1943.「次元ロッカー」(ギャロウェイ・ギャラハー)
  • Mimsy Were the Borogoves, 1943.「ボロゴーヴはミムジィ」
  • Shock, 1943.
  • Open Secret, 1943.
  • The World Is Mine, 1943.「世界はぼくのもの」(ギャロウェイ・ギャラハー)
  • Endowment Policy, 1943.
  • The Proud Robot, 1943.「自惚れロボット」(ギャロウェイ・ギャラハー)
  • Gallegher Plus, 1943.「ギャラハー・プラス」(ギャロウェイ・ギャラハー)
  • The Iron Standard, 1943.12「金星サバイバル」
  • When the Bough Breaks, 1944.「親指の折れるとき」
  • The Piper's Son, 1945.(『ミュータント』第一話)
  • Three Blind Mice, 1945.(『ミュータント』第二話)
  • The Lion and the Unicorn,1945.「獅子と一角獣」(『ミュータント』第三話)
  • Camouflage, 1945.
  • What You Need, 1945.「御入用の品あります」
  • Line to Tomorrow, 1945.「未来回路」
  • Beggars in Velvet, 1945.(『ミュータント』第四話)
  • The Dark Angel, 1946.「黒い天使」
  • We Kill People, 1946.
  • Rain Check, 1946.
  • The Cure, 1946.「ガラスの狂気」
  • Time Enough, 1946.
  • The Fairy Chessmen, 1946. (2 parts)
  • Chessboard Planet, 1946. (novel)
  • Murder in Brass, 1946.
  • Project, 1947.
  • Jesting Pilot, 1947.
  • Margin for Error, 1947.
  • Tomorrow and Tomorrow, 1947. (2 parts)
  • Exit the Professor, 1947.「教授退場」(ホグベン一家)
  • The Day He Died, 1947. (novel)
  • Ex Machina, 1948.
  • Private Eye, 1949.「プライベート・アイ」
  • The Prisoner in the Skull, 1949.
  • See You Later, 1949.「御先祖様はアトランティス人」(ホグベン一家)
  • Beyond Earth's Gates, 1949. (novel)
  • Tomorrow and Tomorrow, 1951. (novel)
  • Tomorrow and Tomorrow & The Fairy Chessmen, 1951. (omnibus)
  • The Far Reality, 1951. (companion novel to Tomorrow and Tomorrow)
  • Humpty Dumpty, 1953.(『ミュータント』第四話)
  • Epilogue, 1953. (essay)
  • Line to Tomorrow and Other Stories of Fantasy and Science Fiction (collection)


外部リンク[編集]