アルフォンス・ミュシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンス・ミュシャ
Alphonse Mucha
アルフォンス・ミュシャ
生誕 アルフォンス・マリア・ムハ
Alphonse Maria Mucha

1860年7月24日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国モラヴィア(現代のチェコイヴァンチツェ
死没 1939年7月14日(満78歳没)
ベーメン・メーレン保護領の旗 ベーメン・メーレン保護領
プラハ
国籍 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
教育 ミュンヘン美術院アカデミー・ジュリアン、アカデミー・コラロッシ
著名な実績 絵画イラストレーション、装飾美術
代表作 『スラヴ叙事詩』 (Slovanskà epopej)
運動・動向 アール・ヌーヴォー
後援者 ミクロフのカール・クーエン伯爵
この人に影響を
与えた芸術家
新古典主義
この人に影響を
受けた芸術家
ポール・ハーヴェイケヴィン・ウォズデン

アルフォンス・マリア・ミュシャAlfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものであり、チェコ語の発音を日本語表記するとCs-Alfons Mucha.ogg 「ムハ」または「ムッハ」となる[ヘルプ/ファイル]

多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は宝石などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

プロフィール[編集]

オーストリア帝国モラヴィアイヴァンチツェ英語版に生まれた。ブルノ中学校に入り教会の聖歌隊となった。夏休みに合唱隊の聖歌集の表紙を描くなど絵を得意とした。中学校を中退、地方裁判所で働く。19歳でウィーンに行き舞台装置工房で働きながら夜間のデッサン学校に通う。2年後失業。1883年ミクロフでクーエン・ブラシ伯爵に会い、その弟のエゴン伯爵がパトロンとなる。25歳のときエゴン伯爵の援助でミュンヘン美術院に入学、卒業し、28歳のときパリにてアカデミー・ジュリアンに通う。

彼の出世作は1895年、舞台女優サラ・ベルナール芝居のために作成した「ジスモンダ」のポスターである。威厳に満ちた人物と、細部にわたる繊細な装飾からなるこの作品は、当時のパリにおいて大好評を博し、一夜にして彼のアール・ヌーヴォーの旗手としての地位を不動のものとした。またサラ・ベルナールにとっても、この「ジスモンダ」が、フランス演劇界の女王として君臨するきっかけとなった。その後もミュシャは「椿姫」、「メディア」、「ラ・プリュム」、「トスカ」など、サラ・ベルナールのポスターを制作している。

サラ・ベルナールの他、煙草用巻紙(JOB社)、シャンパン(モエ・エ・シャンドン社)、自転車(ウェイバリー自転車)などの多くのポスターの制作をおこなっている。これらは女性と様式化された装飾の組み合わせが特徴的である。

ポスターに並び、装飾パネルも数多く手がけている。2点ないし4点のセットの連作が多く、いずれも女性の姿を用いて様々な寓意を表現している。代表的な作品には以下のようなものがある。

出世作、『ジスモンダ』ポスター(1894)

また、忘れてはならないのが挿画本分野の作品である。

パリでの初期苦闘時代、ミュシャは雑誌の挿絵によって生計を立てていたが、次第に認められ、パリの大出版社、アルマン・コランの挿画家として活躍するようになる。東洋的な情景をドラマチックに描き、高い評価を得た「白い象の伝説」、33点の木版画が挿入され、挿画家としての名声を高めた「ドイツ歴史の諸場面とエピソード」も、同社から出版された作品である。 代表的な作品には、年代順に以下のようなものがある。

  • 白い象の伝説』(1894年) 木版画
  • 『ドイツ歴史の諸場面とエピソード』(1896年)木版画
  • 『トリポリの姫君イルゼ』(1897年リトグラフ
  • 『アダミテ』(1897年) 木版画/フォトレリーフプリント
  • 『ラマ』(1898年) リトグラフ
  • 『主の祈り』(1899年) リトグラフ/版画集
  • 『クリオ』(1900年) リトグラフ
  • 『UTOK MORE』(1922年) プリント
  • 『ANDELICEK Z BAROKU』(1929年) プリント/サイン入200部有

宗教的思想に裏付けられた文学的解釈、それを美へと昇華する芸術力。挿画本分野において、ミュシャは独自の、そして輝かしい業績を残している。

大作『スラヴ叙事詩』を制作するミュシャ(1920)

商業的に成功をおさめ、財政的な心配のなくなったミュシャは1910年、故国であるチェコに帰国し、20点の絵画から成る連作「スラヴ叙事詩」を制作する。この一連の作品はスラヴ語派の諸言語を話す人々が古代は統一民族であったという近代の空想「汎スラヴ主義」を基にしたもので、この空想上の民族「スラヴ民族」の想像上の歴史を描いたものである。スメタナの組曲『わが祖国』を聴いたことで、構想を抱いたといわれ、完成まで20年を要している。

また、この時期にはチェコ人の愛国心を喚起する多くの作品群やプラハ市庁舎のホール装飾等を手がけている。1918年ハプスブルク家が支配するオーストリア帝国が崩壊し、チェコスロバキア共和国が成立すると、新国家のために紙幣切手、国章などのデザインを行った。財政難の新しい共和国のためにデザインは無報酬で請け負ったという。

1939年3月、ナチスドイツによってチェコスロヴァキア共和国は解体された。プラハに入城したドイツ軍によりミュシャは逮捕された。「ミュシャの絵画は、国民の愛国心を刺激するものである」という理由からだった。ナチスはミュシャを厳しく尋問し、またそれは78歳の老体には耐えられないものであった。その後ミュシャは釈放されたが、4ヶ月後に体調を崩し、祖国の解放を知らないまま生涯を閉じた。遺体はヴィシェフラット民族墓地に埋葬された(現在はヤンラファエルのクベリーク親子と同じ墓石に埋葬されている[1])。

戦後、祖国は独立を果たしたが、共産党政権は愛国心との結びつきを警戒し、ミュシャの存在を黙殺した。しかし、民衆レベルでミュシャへの敬愛は生き続け、プラハの春翌年の1969年には、ミュシャの絵画切手数種が制作されている。また世界的にも、1960年代以降のアール・ヌーヴォー再評価とともに、改めて高い評価を受けている。

日本との関係[編集]

藤島武二による与謝野晶子の歌集『みだれ髪表紙(1901)
  • ミュシャの挿絵やイラストが、明治時代の文学雑誌『明星』において、挿絵を担当した藤島武二により盛んに模倣された。
  • ミュシャの有力コレクションの一つは日本にある。堺市が所有し、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館で一部が展示されている「ドイ・コレクション」である。「カメラのドイ」の創業者である土居君雄が、ミュシャの知名度がさほど無かった頃から個人的に気に入り、本業の商品の買い付けや商談の為に渡欧する度に買い集めた。また、ミュシャ子息のジリ・ミュシャとも親交を結び、彼の仲介によってコレクションの中核が築かれた。1989年には、土居にチェコ文化交流最高勲章が授与されている。土居が1990年に他界すると遺族は相続放棄 し、1993年、土居夫妻が新婚時代に居住したことのある堺市に寄贈された。

フェルステルとの関係[編集]

  • プラハのミュシャ博物館で上映されているミュシャ紹介ビデオの伴奏には、チェコの作曲家であるヨゼフ・ボフスラフ・フェルステルの作品『シェイクスピア組曲』が使われている。
  • フェルステルの交響曲全集(MDGレーベル)のCD3枚には、いずれもミュシャの絵が使われている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

プラハ聖ヴィート大聖堂ステンドグラス(1930年代前半)

関連項目[編集]

文献[編集]

モード・アダムス演じるジャンヌ・ダルク。1909年のポスター。

画集・図録[編集]

  • 『アルフォンス・ミュシャ作品集(新装版)』ドイ文化事業室(発売:創英社)、2004年
  • ペトル・ヴィトリッヒ監修『アルフォンス・ミュシャ「生涯と芸術」展』東京新聞、1995年
    • 年表・文献あり。会期・会場:1995年-1997 Bunkamuraザ・ミュージアムほか
  • レナーテ・ウルマー著『Alfons Mucha アール・ヌーヴォーの幕開け』タッシェン・ジャパン、2001年9月、ISBN 4887830556
    • 廉価版の解説付き画集、年譜あり
  • 島田紀夫著『アルフォンス・ミュシャ アール・ヌーヴォー・スタイルを確立した華麗なる装飾』六耀社、1999年11月、ISBN 4897373662
    • 作品143点を収録し、解説、紹介。年譜あり
  • アルフォンス・ミュシャ画 ジュディット・ゴーティエ著 吉田文訳『アルフォンス・ミュシャ復刻挿画本 白い象の伝説』ガラリエ・ソラ、2005年10月、ISBN 4990262603
    • アルマン・コラン社から1894年に出版されたミュシャの挿画本『白い象の伝説』を復刻翻訳、ミュシャによるカラー22点モノクロ4点の挿画
  • 末木友和、小松原みどり訳『アルフォンス・ミュシャ 装飾資料集/装飾人物集』ドイ文化事業室、1989年4月、ISBN 4924820520
    • リブレリー・サントラル・ボザール社から1902年に出版された『装飾資料集』(図版72点)と1905年に出版された『装飾人物集』(図版40点)を一冊にし復刻翻訳
  • ドイテク企画室編『アルフォンス・ミュシャ展図録 : アール・ヌーヴォーの華』ドイテク企画室、1983年
    • 年譜・参考文献: p188 - 193
  • ドイ文化事業室編『アルフォンス・ミュシャ展図録 アール・ヌーヴォーの華』(The 50th year anniversary exhibition of Alphonse Mucha catalogue)、ドイ文化事業室、1989年
    • 年譜・Selected bibliography: p254 - 265
  • 『アルフォンス・ミュシャ The Ivan Lendl collection』講談社、1986年5月、ISBN 4062027429
  • 『アルフォンス・ミュシャ』学習研究社、1986年6月、ISBN 4051018687
    • 参考文献あり。年譜: p204 - 205
  • 『アルフォンス・ミュシャ作品集』ドイ文化事業室、1992年6月、ISBN 4924820539
  • アルフォンス・ミュシャ画、与謝野晶子・歌『夢想 ゆめみるおもい』講談社、1997年1月、ISBN 4062663546
    • 年譜あり
  • 『アルフォンス・ミュシャ』タッシェンジャパン、2002年8月、ISBN 4887831161
    • 30枚の絵葉書セット
  • 『アルフォンス・ミュシャ展 アール・ヌーヴォーの華 美しき出会い-与謝野晶子とアール・ヌーヴォー』アルフォンス・ミュシャ展実行委員会、1994年
    • 年譜・参考文献: p254 - 265
  • ミュシャリミテッド著、島田紀夫翻訳『アルフォンス・ミュシャ波乱の生涯と芸術』講談社、2001年9月、ISBN 4062105411
    • 年譜あり
    • チェコのミュシャ美術館公認評伝画集の日本語翻訳、図版200点以上。
  • 『ミュシャ作品集 アール・ヌーヴォーの華麗なる遺産』 シンフォレスト、1999年12月9日
  • 『ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展 - パリの夢 モラヴィアの祈り』 日本テレビ放送網株式会社、2013年3月
『スラヴ叙事詩』の1枚(1912)

関連文献[編集]

  • 阿部賢一『複数形のプラハ』人文書院、2012年1月、ISBN 4409510665
    • 第3章 都市芸術としてのアール・ヌーヴォー アルフォンス・ムハとスラヴ主義
  • 島田紀夫編『ミュシャ アール・ヌーヴォーの美神たち』小学館、1996年12月、ISBN 4096060089
    • ミュシャおよび美術関連年表: p125 - 134
  • ジリ・ミュシャ著、ドイ文化事業室編・訳『アルフォンス・マリア・ミュシャー生涯と芸術』ドイ、1989年、ISBN 4924820512
  • 『アール・ヌーヴォーの世界1』学習研究社、1987年6月、4051024598
    • 各巻タイトル: ミュシャとパリ 花園の香り、アール・ヌーヴォー都史: p113 - 120

外部リンク[編集]