O嬢の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

O嬢の物語』(原題Histoire d'O)は、フランスの中編小説。1954年ジャン=ジャック・ポーヴェール書店より刊行。作者はポーリーヌ・レアージュ(Pauline Réage)。1955年ドゥ・マゴ賞を受賞。

ストーリー[編集]

女流ファッション写真家のOは、ある日恋人ルネにとある城館へ連れて来られ、複数の男の共有性的玩弄物となるよう、鞭打やその他肉体を蹂躙する手段をもって心身共に調教される。一ヶ月ほど後、城館を後にしたOは、ルネからステファン卿なる人物を紹介され、卿の求めに従ってルネから卿に譲り渡される。ステファン卿の持ち物となったOは凌辱と鞭打とを繰り返され、さらに卿の持ち物である証として尻に烙印を押され、性器に鉄の輪と鎖を付けられる。そしてある夜会で、梟の仮面を被せられ、陰部脱毛されたOは衆目に晒されることになる。

作者[編集]

作者はポーリーヌ・レアージュ(Pauline Réage)。この女性名のペンネームは、序文『奴隷状態における幸福』を寄せたジャン・ポーランJean Paulhan)自身のものと目されていたが、執筆に関わっていたと一部で噂されていたドミニク・オーリー1994年に自分が作者であると表明した。ポーランに熱烈に恋していたオーリーは、彼の気を引くためにこの物語を書いたと述べている。親子ほど歳が下で、しかもたいしてかわいくもない自分が、女性の噂の絶えない人気文化人だったポーランの気を引くにはそれしかなかったとインタビューに答えている[1]

続編[編集]

  • ロワッシイへの帰還』(原題Retour a Roissy)- 同じポーリーヌ・レアージュ名義で執筆されているが、ドミニク・オーリーとは別な人物が執筆。

書籍[編集]

日本語訳[編集]

角川文庫でも同じ訳が出版されており、現在ではAmazon Kindle版を購入できる。
最終版のテキストを底本とした完訳版。
コミック版。全2巻

官能小説家の千草忠夫が翻訳したバージョンはオリジナルの設定があり、翻案に近い。このほかにも、鈴木豊訳(講談社文庫清水正二郎の翻訳も存在しているが、いずれも絶版。

他メディアへの展開[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

日本では1967年前衛舞踏家伊藤ミカによって舞台化された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ I wrote the story of O | By genre | guardian.co.uk Books
  2. ^ Shanghai Ijin Shôkan - China Doll (1981) Full Cast & CrewIMDb