エドゥアール=アンリ・アヴリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッポーのヌードを描写するアヴリルの絵

エドゥアール=アンリ・アヴリル(Édouard-Henri Avril) (1843年5月21日アルジェ - 1928年Le Raincy) は、フランス人画家であり、営利本位の芸術家であった。 「ポール・アヴリル(Paul Avril)」という筆名を用い、彼は性愛文学の挿絵家でもあった。

アヴリルはパリのさまざまなサロンで芸術を学んだ。1874年から1878年にかけて、彼はパリのエコール・デ・ボザールに所属した。テオフィル・ゴーティエの小説『Fortunio』に挿絵を入れるよう依頼されたアヴリルは、筆名ポール・アヴリルを使い、彼の評判はたちまち安定した。そして彼は一流の作家の作品や、当時のいわゆる「galante literature」(性愛文学の形式)に挿絵を入れてほしいとの多くの依頼を受けた。これらの本は、よくあることだったが蒐集家によって組織化された予約制度(subscription basis)のもとで、少ない発行部数で売られた。

アヴリルは次のような作品に挿絵を描いている。

彼の主要な作品は、ドイツ人学者フリードリッヒ・カール・フォルベルク(Friedrich Karl Forberg)の『西洋古典好色文学入門(De Figuris Veneris: A Manual of Classical Erotica)』のデザインであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]