花と蛇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花と蛇』(はなとへび)は、団鬼六によるSM小説官能小説)。幾度となく映画化されている。

小説[編集]

  • 昭和37年(1962)8月奇譚クラブに花巻京太郎の名で投稿、以後連載[1]
  • 花と蛇 第1-10 耽美館 1969-70 (SM耽美文学)
  • 決定版花と蛇 1-8 桃園書房 1977-78
  • 花と蛇 1-8 1984-85 (角川文庫)
1 誘拐の巻
2 涕泣の巻
3 飼育の巻
4 調教の巻
5 憂愁の巻
6 羞恥の巻 
7 屈辱の巻
8 号泣の巻
  • 花と蛇 1-9 富士見書房 1985-86 (団鬼六全集)
9 完結編
  • 花と蛇 上中下 太田出版 1992-93
調教編、開花編、爛熟編
  • 花と蛇 画集 天野喜孝 太田出版 2005.5
  • 花と蛇 縛り、縛られ、縛り倒す緊縛官能哀歌 第1-4集 竹書房 2006-09

映画[編集]

いずれも成人指定となっている。

日活による映画版[編集]

花と蛇[編集]

1974年6月22日公開。73分。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

花と蛇 地獄篇[編集]

1985年8月24日公開。69分。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

花と蛇 飼育篇[編集]

1986年3月8日公開。73分。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

花と蛇 白衣縄奴隷[編集]

1986年12月6日公開。73分。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

花と蛇 究極縄調教[編集]

1987年12月5日公開。64分。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

東映ビデオによる映画版[編集]

杉本彩主演の映画版[編集]

花と蛇[編集]

2004年3月13日公開。115分。

ストーリー[編集]

裏世界の大御所である老人・田代(石橋蓮司)はある日、世界的タンゴダンサー・遠山静子を映した映像に釘付けとなる。

田代の命を受けた部下・森田は、静子の夫である若手実業家・遠山隆義(野村宏伸)を脅迫して、静子を「パーティー会場」へとおびき出すとともに、彼女のボディガード・京子(未向)を集団で襲撃させ、会場へと運び込む。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]
備考[編集]

わずか3タイトルだけの発売に終わった48DVDでのリリースもあった。

花と蛇2 パリ/静子[編集]

2005年公開。

キャスト[編集]
スタッフ[編集]
  • 原作:団鬼六
  • 監督・脚本:石井隆

花と蛇3[編集]

花と蛇3
Flower & Snake 3
監督 成田裕介
脚本 我妻正義
原作 団鬼六
製作 福原英行
出演者 小向美奈子
本宮泰風
小松崎真理
火野正平
水谷ケイ
工藤俊作
斎藤歩
音楽 石川光
撮影 藤澤順一
編集 只野信也
配給 日本の旗 東映ビデオ
公開 日本の旗 2010年8月28日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
  • タイトルに「3」とあるが上記の杉本彩主演の2作品との関連はなく、あくまでも区別のために付けられている。
  • 主演:小向美奈子、監督:成田裕介、脚本:我妻正義。2010年8月全国公開された。
キャスト[編集]
映像ソフト化[編集]
  • 小向美奈子 緊迫 – 映画「花と蛇3」より - (2010年7月21日発売)
    • 本編のメイキング映像を収録したDVD。初回生産封入特典として劇場割引券が付属する。
  • 花と蛇3(2010年12月3日発売)
    • 本編のDVD・ブルーレイソフト化。

花と蛇 ZERO[編集]

2014年5月17公開予定

キャスト[編集]
スタッフ[編集]

アダルトゲーム[編集]

エルフによるゲーム化作品。2005年発売。

概要[編集]

「調教AVG」として、CGやグラフィックマップなどを駆使してゲーム化された。往年の作品のゲーム化ということで、話題を呼んだ。

参考文献[編集]

  1. ^ 龍之巣参照

外部リンク[編集]