西村昭五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西村 昭五郎(にしむら しょうごろう、1930年1月18日 - )は、日本の映画監督

来歴[編集]

滋賀県出身。1954年京都大学文学部仏文科を卒業後、いとこの吉村公三郎監督の紹介で、映画製作を再開した日活に入社。中平康を始めとする監督の下で助監督を務めたのち、1963年の『競輪上人行状記』で監督デビュー。末期の日活アクションや青春映画の演出に携わるが、ヒット作に恵まれず、60年代終盤からは『大江戸捜査網』などのテレビ路線の演出に回されていた。

そんな中1971年、日活は成人映画への路線転向を決め、西村は日活ロマンポルノ最初の作品となった『団地妻 昼下りの情事』(白川和子主演)を演出。以来、ロマンポルノ末期まで、「団地妻」シリーズや団鬼六原作ものなど、長きに渡って数多くの作品を世に送り出した。性描写に拘った演出手法で、メガホンをとったロマンポルノ作品は84作品を数え、一人の監督としては最多記録である。1988年にロマンポルノ路線が打ち切られて以降は、テレビの2時間ドラマを中心に活躍した。

現在は滋賀県老人ホームで悠々自適の生活を送っている。

監督作品[編集]

  • 競輪上人行状記 (1963年 日活)
  • 帰ってきた狼 (1966年 日活)
  • 涙くんさようなら (1966年 日活)
  • 不敵なあいつ (1966年 日活)
  • 青春の海 (1967年 日活)
  • 花を喰う蟲 (1967年 日活)
  • 波止場の鷹 (1967年 日活)
  • 東京市街戦 (1967年 日活)
  • 星影の波止場 (1968年 日活)
  • 青春の風 (1968年 日活)
  • 燃える大陸 (1968年 日活)
  • やくざ番外地 (1969年 日活)
  • 刺客列伝 (1969年 日活)
  • 残酷おんな情死 (1970年 日活)
  • 団地妻 昼下りの情事 (1971年 日活)
  • たそがれの情事 (1972年 日活)
  • さすらいの情事 (1972年 日活)
  • 薔薇のためいき (1972年 日活)
  • 団地妻 しのび逢い (1972年 日活)
  • 闇に浮ぶ白い肌 (1972年 日活)
  • 団地妻 昼下りの悶え (1972年 日活)
  • 覗かれた情事 (1972年 日活)
  • 昼下がりの情事 裏窓 (1972年 日活)
  • おさな妻の告白 衝撃 ショック (1973年 日活)
  • おさな妻の告白 陶酔 クライマックス (1973年 日活)
  • 団地妻 火遊び (1973年 日活)
  • 淫獣の宿 (1973年 日活)
  • 肉体犯罪海岸 -ピラニアの群れ- (1973年 日活)
  • さすらいかもめ -釧路の夜- (1973年 日活)
  • 団地妻 昼下りの誘惑 (1974年 日活)
  • 実録ジプシー・ローズ (1974年 日活)
  • 秘本 乱れ雲 (1974年 日活)
  • カルーセル麻紀 夜は私を濡らす (1974年 日活)
  • 狂乱の喘ぎ (1974年 日活)
  • 秘本むき玉子 (1975年 日活)
  • 新・団地妻 売春グループ13号館 (1975年 日活)
  • 赤線飛田遊廓 (1975年 日活)
  • わななき (1975年 日活)
  • 新・レスビアンの世界 -陶酔- (1975年 日活)
  • 淫絶夫人 快楽の奥 (1976年 日活)
  • 団地妻 肉体金融 (1976年 日活)
  • 「妻たちの午後」より 官能の檻 (1976年 日活)
  • あるコールガールの証言 露出 (1976年 日活)
  • 真夏の夜の情事 悶え (1976年 日活)
  • 色情妻 肉の誘惑 (1976年 日活)
  • 四畳半芸者の枕紙 (1977年 日活)
  • 赤い花弁が濡れる (1977年 日活)
  • 「市井」より 本番 (1977年 日活)
  • 団地妻 雨やどりの情事 (1977年 日活)
  • 肉体の悪魔 (1977年 日活)
  • 肉体の門 (1977年 日活)
  • 黒薔薇夫人 (1978年 日活)
  • 宇能鴻一郎の看護婦寮 (1978年 日活)
  • 白い肌の狩人 蝶の骨 (1978年 日活)
  • 団鬼六 縄化粧 (1978年 日活)
  • 宇能鴻一郎の濡れて開く (1979年 日活)
  • 禁じられた体験 (1979年 日活)
  • 希望ヶ丘夫婦戦争 (1979年 日活)
  • 団鬼六 縄と肌 (1979年 日活)
  • 東京エロス千夜一夜 (1979年 にっかつ)
  • 宇能鴻一郎の濡れて悶える (1980年 にっかつ)
  • 団鬼六 白衣縄地獄 (1980年 にっかつ)
  • 単身赴任 新妻の秘密 (1980年 にっかつ)
  • 看護婦日記 わいせつなカルテ (1980年 にっかつ)
  • 泣く女 (1980年 にっかつ)
  • 団鬼六 薔薇地獄 (1980年 にっかつ)
  • 宇能鴻一郎の修道院付属女子寮 (1981年 にっかつ)
  • 制服体験トリオ わたし熟れごろ (1981年 にっかつ)
  • 宇能鴻一郎の開いて写して (1981年 にっかつ)
  • 愛欲生活 夜よ、濡らして (1981年 にっかつ)
  • 団鬼六 女教師縄地獄 (1981年 にっかつ)
  • 情婦はセーラー服 (1981年 にっかつ)
  • 美姉妹 犯す (1982年 にっかつ)
  • マダムスキャンダル 10秒死なせて (1982年 にっかつ)
  • 鏡の中の悦楽 (1982年 にっかつ)
  • 連続暴行魔 白昼の淫夢 (1982年 にっかつ)
  • あんねの子守唄 (1982年 にっかつ)
  • ホテルヒメ 火照る姫 (1983年 にっかつ)
  • 春画 (1983年 にっかつ)
  • 乳首にピアスをした女 (1983年 にっかつ)
  • 色ざんげ (1983年 にっかつ)
  • 紅夜夢 (1983年 にっかつ=アマチフィルム)
  • 女教師は二度犯される (1983年 にっかつ)
  • 春情夢 (1984年 アマチフィルム)
  • 不純な関係 (1984年 にっかつ)
  • 丸茂ジュンの痴女伝説 (1984年 にっかつ)
  • 団地妻 ニュータウン禁猟区 (1984年 日本トップアート)
  • 蘭の肉体 (1984年 にっかつ)
  • 高校教師 成熟 (1985年 にっかつ)
  • 宇能鴻一郎の桃さぐり (1985年 にっかつ)
  • 花と蛇 地獄篇 (1985年 にっかつ)
  • 女銀行員 暴行オフィス (1985年 にっかつ)
  • 花と蛇 飼育篇 (1986年 にっかつ)
  • 赤い禁猟区 ハードコアの夜 (1986年 にっかつ)
  • 団鬼六 蛇と鞭 (1986年 にっかつ)
  • 花と蛇 白衣縄奴隷 (1986年 にっかつ)
  • 団鬼六 生贄姉妹 (1987年 にっかつ撮影所)
  • 美味しい女たち (1987年 にっかつ撮影所)
  • これがシノギや! (1994年 イメージファクトリー・アイエム)
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 PART III (1994年 ケイエスエス)
  • 難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 PART IV (1994年 ケイエスエス)

関連人物[編集]

  • 今村昌平(西村の監督デビュー作『競輪上人行状記』の脚本を担当)
  • 浦山桐郎(西村と同期入社)