あんり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あんり
プロフィール
別名 金井 アヤ(当初)
金井 あや(中期)
愛称 あっち
アヤにャン(旧)
生年月日 1985年1月24日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
スリーサイズ 90 - 58 - 87 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2004年5月
ジャンル 女優グラビア
モデル内容 水着ヘアヌード
その他の記録
かつての所属ユニット:
ローレンガールズ
YS乙女学院 純愛組
中野腐女子シスターズ
南葛シューターズ
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

あんり1985年1月24日 - )は、日本女優グラビアアイドル。旧名義は2008年まで「金井 アヤ」、2010年前半まで「金井 あや」(いずれも読みは「かない あや」)。旧名義当時の愛称は「アヤにャン」で、これはWeb上で公開していた日記における自称でもあった。

人物・来歴[編集]

宮城県仙台市出身。日本大学芸術学部中退[1]。2011年1月時点の所属事務所はLMPプロモーション。

2000年代[編集]

2004年5月末から放映された任天堂『マリオvs.ドンキーコング』のテレビCMでデビュー。同CMは吉川綾乃瑞原杏奈との共演で「ローレンガールズ」名義だった[注釈 1]

2004年後半から単独でのグラビア活動を活発化し、雑誌やイメージビデオなどに出演しているほか、ZAK THE QUEEN 2004YS乙女学院などの企画にも参加。当時のグラビアにおいてはやや控えめのセクシー路線が多く、より過激なタイプの着エロ撮影については本人もしばしば卑猥さへの抵抗感を口にしていた。ただし露出そのものには比較的寛容で、19歳時には篠山紀信によって撮影された週刊誌『FLASH』845号(2004年)のグラビアにおいて、バックショット(後姿)どまりながら全裸になっている。また、このグラビアには金井自身による自画デッサンも含まれており、こちらには正面からバストトップ、アンダーヘアなども描かれている。

グラビア以外の活動としては、芸能人女子フットサルチーム「南葛シューターズ」に所属し、2007年3月10日の退団表明に至るまで、スフィアリーグへの参戦もしていた。また、本人の趣味に着目した事務所は「ヲタドル」としても売り込んでおり、2006年10月6日には喜屋武ちあきとともに「中野風女シスターズ」に加入[2]、「アニメヲタク」の肩書きで参加していた。

一時引退状態になっていたが、2009年に名義を「金井アヤ」から「金井あや」に変更[3]してフリーとして復帰した[4]

「女子大生グラドル」[編集]

高校の美術科を卒業後[5]、2004年に日本大学芸術学部美術学科に入学[注釈 2]油絵を専攻する。このことから当初は「女子大生グラドル」をアピールしていたが、大学はその後中退しており、タレント活動に専念していることをインタビュー等で明かしている。理由として、「本当は芸大に行きたかったが落ちてしまい、日芸は第一志望ではなかったせいか モチベーションが上がらず、あまり大学に行っていなかった。グラビアの仕事も忙しくなり、中途半端ではいけないと思って中退することを選んだ。」といった内容の発言をしている。

『トラックバック・オーライ』[編集]

2005年からは、BIGLOBEのトラックバック・オーライというブログストリーミングを利用した新感覚のイベントに同じくサムライム所属の豊原里美とともに参加した。北海道の全支庁を制限時間内に訪れることができれば賞金がもらえるという設定であったものの、訪れる順番はルーレットにより決定するため、制限時間内に訪れることはできなかった。しかし、この失敗はトラックバック・オーライという企画が、第二弾・第三弾と続くきっかけになった。

第二弾は、BIGLOBE社員や旅好きのブロガーを交えての全国的な陣取り合戦に発展した。県の面積をポイントに換算し、制限時間内にどれくらい多くのポイントを稼げるかというものだった。各参加者はモブログで逐一自分のブログで報告しあった。

第三弾は、徳川葵があらたにメンバーに加わりインテルのデジタルホームについての突撃取材を行った。このデジタルホーム開眼企画の中で豊原里美が監督・脚本、金井アヤが美術を担当し実質15時間で『12月25日』というショートムービーを制作した。

2010年代[編集]

2010年9月16日、「あんり」への名義変更と、グラビアアイドルから女優への活動路線変更を発表[6]。翌年公開の映画『ADULT 24歳の恋』(当初の仮題は『冷えた鍋』)で初主演を勤めることとなった。映画公開に先立つ2010年9月4日発売のイメージビデオ『Anri』では久々のセミヌードを、2011年1月14日発売の雑誌『フライデー』においては自身初となるヘアヌードを披露[注釈 3]。映画においても迷いを捨てて濡れ場をこなし[7]、25歳の節目の年に従来のアイドル路線との決別を果たした。

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 101匹萌えタン(2007年)
  • 楽屋プロジェクト メイド喫茶の神様(2007年4月13日 - 15日、シアターVアカサカ)

Vシネマ[編集]

  • A MASATO TSUJIOKA WORLD DIVIDE ディバイド(2006年9月22日、イーネット・フロンティア)
  • デスパレートな人妻たち 昼下がりのヨガスクール(2007年4月23日、TMC
  • ピョコタン・プロファイル(2009年10月30日、クロックワークス)

グラビア作品[編集]

イメージDVD[編集]

写真集[編集]

電子写真集[編集]

  • 金井アヤ LOVE SENSATION(2005年9月8日、電子書店パピレス)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ タレント一覧”. LMPプロモーション. 2011年2月17日閲覧。
  2. ^ 中野腐女子シスターズ、“ヲタドル”がユニット結成!?“中野腐女子シスターズ”のお披露目イベントは熱気ムンムン!”. アイトピックス!. 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ あんり (2009年1月12日). “新星金井あや!!”. あんりの炊き込みごはん. 2011年2月17日閲覧。
  4. ^ ロリ顔Hカップの最強タッグ!! 金井あやのベッドシーンに鼻血注意報”. サイゾー (2009年8月22日). 2011年2月17日閲覧。
  5. ^ バラドルへ“ダイブ”…金井アヤ”. ZAKZAK (2004年10月13日). 2011年2月17日閲覧。
  6. ^ あんり (2010年9月16日). “お久ぶりです!気分も新たに!”. あんりの炊き込みごはん. 2011年2月17日閲覧。
  7. ^ フルヌード披露のあんり、背中を押したのはマツコ・デラックス”. 映画.com (2011年1月30日). 2011年2月17日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ このユニット名は所属プロダクション名「ローレン」にちなむが、同社が同年6月に「サムライム」に社名変更したことを受けて、ローレンガールズも短期間で自然消滅している。
  2. ^ グラビアで学生証を公開しており、生年月日はここでも上記の通りであることが確認されている。苗字は本名でも「金井」だが、下の名は非公開。
  3. ^ 「あんり」への名義変更後ながら、『フライデー』においては例外的に旧名義の「金井あや」で掲載されている。

外部リンク[編集]