シングリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シングリッシュ: Singlish)とは、シンガポールにて話されている強い訛のある英語、特にシンガポール国民が日常生活で話している英語のこと。この語は「シンガポールの英語」を意味する英語「Singaporean English」に由来する。ピジン言語の一つと分類される。

概要[編集]

シンガポールではマレー語が国語であり、公用語として英語(イギリス英語)・中国語北京語)・タミル語が用いられている。しかし、マレー語・中国語・タミル語は、シンガポール人の中でもそれぞれの民族のみしか話せないことが多く、学校での第二言語教育でも一つのみが教えられることがもっぱらである。そのため、国民相互(異なる民族間)でコミュニケーションをとるために、英語が広く日常生活で用いられている。また、国会の討論や行政が発行する文章も英語で作成されることが多く、英語は国語ではないものの最も普及した言語としての地位を確立している。

複数の言語が共存しているため、様々な言語の訛が融合している。シンガポール政府は、このシンガポール独特の訛りの排除に取り組んでおり、公共放送機関では中国語方言と同様に使用が禁止されている。シンガポールの歌手ディック・リーの曲も、シングリッシュを含んでいるということで放送禁止になっている。しかし、どこまでがシングリッシュなのかは程度の問題であり、アメリカ・カナダ、イギリス、オーストラリアなどの英語を母語とする国の間でも、発音の違いや使用する単語の違いがあり、シンガポールの有力ニュースチャンネル「チャンネルニュースアジア」のレポーターの話す英語なども、これらとは異なるアクセント・発音をしている。

シンガポールで使われている英語は元々アメリカ英語ではなくイギリス英語であるが、近年はアメリカ小説テレビ番組などの影響でアメリカ英語も使われるようになっている(例:crisps ではなく chipsfootball ではなく soccer、など)。

特徴[編集]

シングリッシュはイギリス英語・中国語(北京語)・マレー語・タミル語に加え出身者が多い広東語福建語、さらにテレビ等の影響によるアメリカ英語、オーストラリア英語の単語・文法構成に影響されているところが多いと言える。地理的にも近いマレーシアマングリッシュにも近いともいわれる。

主な特徴として、以下のようなものがある。

  • 文の語尾につけられて強調を表す「lah」「leh」(日本語でいう「~だよ」のようなニュアンス)や、疑問文の語尾につけられる「meh?」(日本語でいう「~か?」のようなもの)
  • 付加疑問文は、文末に「right?」をつけるだけ。「don't you?」「didn't he?」などは複雑なので使わない
  • 主語be動詞の省略
  • 過去現在未来における語尾変化もなくなって現在形に統一されている(例:「今日のラクサは売れ切れた。明日なら大丈夫ですよ。」=Today, Laksa is already gone. Tomorrow Can.
  • 単語を極端に短く言う、最終子音が極端に弱い、または発音されない(car parkカッパッsteakステクッ
  • th」の発音が「t」と同じになる(例:数の3「three」と木「tree」は同じ発音)
  • 強調のために単語を繰り返す(例:「できますよ!」=Can-can!、「考えに考えに、考え抜いた」=Ting, ting and ting.tingthink と同義)
  • 「中国語のようだ」と言われることの多い独特なアクセント。特に広東語や福建語など、南方方言の影響を受けている
  • 福建語・広東語・マレー語など他言語からの借語(例:「散歩する」=jalan-jalan、「おばさん」=tai-tai、「かわいい女性」=chio bu、「バカ」=siao、「食べる」=makan

このような標準的な英語との違いは、シンガポールがマレー人中国人華僑)を中心とした多くの文化圏、民族が混在している国であることが原因であると考えられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]