上方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上方(かみがた・かみかた)は、江戸時代京都大坂を初めとする畿内を呼んだ名称である。広義では、畿内を初めとする近畿地方一帯を指す語としても使われる。

天皇の住む都(すなわち京都)を「上」とすることから用いられ、政治の中心である江戸に対し、古くからの経済・文化の中心地を指す語として用いられた。江戸幕府五畿内大和国山城国摂津国河内国和泉国三州近江国丹波国播磨国)を上方筋(かみがたすじ)と定義した。

上方における文化は上方文化と呼ばれ、代表的なものに上方舞上方歌上方落語上方歌舞伎上方三味線上方浮世絵上方言葉人形浄瑠璃文楽などがある。また、上方の商人として伊勢商人近江商人の存在が大きかった。

近世初期まで日本の経済・文化の中心地であり、元禄文化も上方を中心に花開いた。文化の東漸にともない次第に関東へも洗練された先進的な上方文化が下り、18世紀の明和期頃から徐々に江戸特有の文化が開花、化政期に至ると、江戸が上方と並ぶ文化の発信地となった。

関連項目[編集]