モンゴル族 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンゴル族から転送)
移動: 案内検索

モンゴル族蒙古族)は、中華人民共和国が、国民を民族識別工作によって民族別に区分した際、領内のモンゴル系の諸集団の多くを包含して成立させたカテゴリー。 ダグール族トゥー族のように、伝統的に自身をモンゴルの一員と認識していながら、蒙古族とは別個の民族として識別されてしまった例もある。一方で独自の文語を持つオイラートはモンゴル族として識別されている。55の少数民族の1つとして位置づけられている。

蒙古族の人口は、581万3947人(2000年)でありモンゴル国の人口は275万1314人である。これはまたブリヤート人カルムイク人よりも遥かに多く、一国内のモンゴル系民族集団としては世界最大である。

分布[編集]

モンゴル族は主に内モンゴル自治区及び新疆ウイグル自治区青海省甘粛省黒竜江省吉林省遼寧省のモンゴル族自治州、自治県に住み、その外にも寧夏回族自治区河北省四川省雲南省北京市などにも散在する。

四川省・雲南省のモンゴル族は、元朝以降に移住した人々である。稲作を中心にした農業に生業が転換した一方で、習俗などはモンゴル族のものを残している。

文化[編集]

言語はアルタイ諸語に属するモンゴル語を使用し,内モンゴル、オイラートバルガ・ブリヤートの3大方言がある。キリル文字を使用するモンゴル国のモンゴル人と異なり、中国のモンゴル族は13世紀初めにウイグル文字をもとにして作られた旧モンゴル文字を多少改造して使用している。近年、市場化に伴い、モンゴル語のかわりに漢語(中国語)の使用率が増加し、特に都市部のモンゴル族では、モンゴル語の喪失、中国語の母語化が著しくなっている。

チベット仏教を信仰するものが多いが、宗教に対しては厳格ではない。民族古来の宗教であるシャーマニズムも行われている。青海省にすむ一部のモンゴル族はイスラム教を信仰している。

歴史[編集]

文化大革命(1966年~1977年)では多くのモンゴル族が内モンゴル人民党に参加する反体制派として処刑された。

自治区域[編集]

など

著名な人物[編集]

中華民国・中華人民共和国出身者のみを記す。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]