イェスゲイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イェスゲイYesügei, 生没年不詳)は、12世紀中頃にモンゴル高原の北東部で活動したモンゴル部族の首長のひとり。モンゴル帝国を築いたチンギス・カンの父として歴史に名を残す。称号は勇者を意味するバガトルイェスゲイ・バガトル (Yesügei Baγatur) あるいはイェスゲイ・バアトル (Yesügei Ba'atur) の名で知られている。なお、『元史』における漢字表記は也速該、『集史』のペルシア語表記では ييسوكاى بهادر (Yīsūkāī bahādur) と書かれる。

イェスゲイは、はじめてモンゴル部族を統合してカンの地位についたカブル・カンを祖とする、キヤト氏を代表する有力な首長であり、彼自身は生涯カンに即位することはなかったが、一族を統べるほどの勢力を誇った。

イェスゲイの生涯[編集]

イェスゲイはモンゴル部族の首長層を輩出したボルジギン氏の一員として、キヤト氏族の祖カブル・カンの次男であるバルタン・バアトルの三男に生まれた。彼の勇敢さを示す逸話として、『元朝秘史』の伝える妻ホエルンメルキト部族から略奪して娶った物語がよく知られているが、その史実性については疑問視する説もある。

12世紀の第2四半期頃、カブル・カンが死ぬとタイチウト氏のアンバガイがカンに即位し、その死後にはバルタン・バアトルの弟でイェスゲイの叔父にあたるクトラがカンに即位した。アンバガイ・カンタタル部族の謀略により中国に引き渡されて殺害され、クトラ・カンはその復讐のためアンバガイの遺児たちが率いるタイチウトと協力してタタルと戦争を繰り返した。クトラの傘下であるキヤト氏の首長であったイェスゲイは、この戦争に加わってタタルと戦い、有力な指導者として頭角をあらわした。

前後関係ははっきりしないが、『集史』、『元朝秘史』が一致して伝えてところによると、クルチャクス・ブイルク・カンの後を継いだケレイト王国の王トグリル(のちのオン・カン)が親族間の内紛に敗れて放逐され、王国から東方へ逃れてきた。イェスゲイはこれを匿い、「盟友(アンダ)」の関係を結んで同盟するとトグリルに援助し、兄を放逐してケレイトの王になっていた弟グル・カンの軍を撃破し、トグリルの復位をさせている。後年トグリルは再び、内紛に敗れてケレイト王国を放逐されたが、この時イェスゲイはすでに歿し、替わりにその嫡子テムジンがトグリルを匿っている。

『元朝秘史』に載る有名な逸話であるが、有力な部族連合メルキトの王トクトア・ベキの弟であったイェケ・チェレンが、キヤト氏族と婚姻関係が強かったモンゴル部族の一派コンギラト部族のオルクヌウト氏族の娘ホエルンとの婚儀を計画していた。しかし、キヤト氏族のバルタン・バアトルの世嗣であった、ネクン・タイシ、イェスゲイ・バアトル、ダリタイ・オッチンギンの兄弟たちは、イェケ・チェレンの嫁入り行列がメルキトの本拠地に帰還する旅中を襲撃し、ホエルンを奪取、この計画を頓挫させた。この作戦の成功の後、未婚であったイェスゲイはホエルンを娶ることになった。

ある年、イェスゲイはタタル部族と戦い、タタルの首長であるテムジン・ウゲとコリ・ブカを捕虜として本拠地に連れ帰った。このとき身重であった妻ホエルンがイェスゲイの長男となる男子を出生したため、戦勝を記念して、後にチンギス・カンとなるこの子供にテムジンの名を与えた。その年は『集史』によれば1155年、『元史』によれば1162年である。

イェスゲイはホエルンとの間にテムジン(のちのチンギス・カン)、カサルカチウンテムゲ、他に女子を5人儲け、別の妻との間にベルグテイと4人(『元朝秘史』ではベグテルを加えて5人)の男子を儲けたが、長男のテムジンもまだ幼い頃(『集史』によれば13歳、『元朝秘史』によれば9歳の時)、若くして急死した。『元朝秘史』によれば、テムジンとコンギラト部族のボルテの婚約を決めた帰り道に、道中で行き逢ったタタル部族の者に毒殺されたという。

イェスゲイの死によってその配下の遊牧民集団は分裂、瓦解し、その後のテムジンはきわめて微小な勢力から出発しなければならなかった。

モンゴル帝国が広大な領域を支配する帝国に成長した後、チンギスから数えて第5代のカアンであるクビライは、1266年に中国の習慣により初代皇帝チンギス・カンの父であるイェスゲイに「烈祖神元皇帝」と追諡した。

家族[編集]

関連項目[編集]