大興安嶺山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大興安嶺山脈(だいこうあんれいさんみゃく、中国語簡体字大兴安岭 Dàxīng'ānlǐng満州語ᠠᠮᠪᠡ ᡭᠵᠩᡤ᠇ᠠ Amba Hingganモンゴル語ᠢᠬ ᠬᠢᠩᠭᠠᠨ ᠳᠠᠪᠠᠭᠠᠨ Их Хянган дабаа大ヒンガンとも)は満洲内モンゴルの火山山脈である。南北約1,200kmの長さに延びており、南に行くに従い狭くなっていく。東の満洲と西のモンゴル高原を分かつ。

深い森に被われ、1200~1300mの標高を持つ山脈の最高峰は2,035mになる。

満洲シベリアの移行地帯にあるダウール族が住まう地域である。その斜面の比較的豊かな牧草地は10世紀を打ち立てた契丹人の発祥地である。

写真[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Mote, F.W. (1999). Imperial China: 900-1800. Harvard University Press. ISBN 0-674-01212-7.