グイマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グイマツ
Cone of Larix gmelinii var. Japonica Pilger.jpg
グイマツの未熟な松かさ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svgダフリアカラマツ Larix gmelinii のカテゴリ)
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: カラマツ属 Larix
: ダフリアカラマツ L. gmelinii
変種 : グイマツ var. japonica
学名
Larix gmelinii (Rupr.) Kuzen. ver. japonica (Maxim. ex Regel) Pilg.[2]
和名
グイマツ、シコタンマツ
英名
Dahurian Larch

グイマツ学名Larix gmelinii var. japonica)は、マツ科カラマツ属樹木

名称[編集]

和名に含まれる「グイ」はアイヌ語でグイマツをさす言葉であるクイ (kuy) に由来する。樺太アイヌなど樺太沿海州先住民に対する朝における呼び名「骨嵬」が、これに関係するという説がある[3]

別名はシコタンマツ色丹松)、シベリアカラマツソレンカラマツソ連唐松)、ダウリアカラマツホクヨウカラマツ北洋唐松)。

種ダフリアカラマツは、ダウリアおよびダフリアはバイカル湖の東からアムール川流域の西部までの地域の古称に由来し、種小名ヨハン・ゲオルク・グメリンに由来。多様な姿を見せることから L. cajanderiL. dahuricaL. kamtschaticaL. komaroviiL. kurilensisL. lubarskiiL. ochotensis といったシノニムを有する。

分布[編集]

ダフリアカラマツは世界一北に分布する樹種で、北緯72度30分に及ぶ。西はタイムィル半島ピャシノ湖バイカル湖を結んだ線、東はレナ川の下流域の大部分を含みアルダン川方面でその中流域から南の方向へオホーツク海ウダ湾、更にブレヤ山脈から南の方向へ向かい小興安嶺山脈尾根沿いへ、ロシア国境のアムール川へ至る。分布域の南はザバイカル東部にあたる。

特徴[編集]

最適条件では樹高30 m、幹径80 cmに達する。極北ではがっしりとして背が低くなる。樹皮は赤みを帯びているかまたは淡褐色で、分厚く、古株のの下部には亀裂が走る。針葉は明緑色で長さ15〜30 mm、細長い線形、25〜40本を1束に截形。球果は15〜30 mmの楕円形。小さなもので20〜30個の鱗片が4列、大きなものでは40〜50個の鱗片が6列ある。種子は幅0.8〜1 cm、長さ1〜1.2 cmで、8〜9月に熟し、乾燥した天気の時に松毬が開いて40〜50°の角度で種子が落ちる。厳しい気候に耐える樹木であり、森林限界付近では樹高は低くなりハイマツのような姿をとる。最適環境は平地の湿地帯で、永久凍土や山岳地帯の岩場に疎ら。気候の厳しい場所では競合種はなく、最適状況ではトウヒマツカバノキなどとの混成林となる。

変種[編集]

種ダフリアカラマツ L. gmelinii の変種としては下記のものがある[4]

保全状況評価[編集]

LOWER RISK - Least Concern (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[1]

Status iucn2.3 LC.svg

IUCNレッドリストでは、1998年版で種ダフリアカラマツ L. gmelinii軽度懸念に評価されたが、更新が必要とされている[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Бобров Е.Г. Лесообразующие хвойные СССР. - Л.: Наука, 1987
  • Воробьев Д. П. Дикорастущие деревья и кустарники Дальнего Востока. М.: Наука, 1968.
  • Кабанов Н. Е. Хвойные деревья и кустарники Дальнего Востока. М.: Наука, 1977.
  • Солодухин Е. Д. Деревья, кустарники и лианы советского Дальнего Востока. - Уссурийск, 1962.
  • Усенко Н. В. Деревья, кустарники и лианы Дальнего Востока. - Хабаровск: Книжное издательство, 1984.

外部リンク[編集]