バルガ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルガ族は、モンゴル人を構成する部族の一つ。 伝統的な分布領域および人口の大部分は現在、中華人民共和国内蒙古自治区に属する。

歴史[編集]

代、旧バルガ(ホーチン・バルガ)・新バルガ(シネ・バルガ)に大別される。旧バルガは、黒龍江将軍の管轄下でエヴェンキオロチョンダウールなどの諸部族とともに「索倫(ソロン)八旗」を構成していた。

1949年に建国した中華人民共和国は、人民を民族別に区分していずれかの民族に所属させる事業(=民族識別工作)において、旧バルガを「ソロン八旗」の他の所属とは分離し、新バルガとともに、「蒙古族」を構成する下方単位と位置づけて現在に至っている。

著名人[編集]

  1. マンライバートル・ベイス・ダムディンスレン( - 1919年
モンゴルジェプツンダンパ政権が成立すると、故郷フルンボイルよりジェプツンダンパ政権のもとに馳せ参じ、国軍総司令官、チベット・モンゴル相互承認条約の締結員、下院議員などを歴任。1919年に中華民国軍がモンゴルを回復するため侵攻した際、逮捕・投獄され、獄死。

関連項目[編集]