元史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

元史』(げんし)は、中国王朝について書かれた歴史書正史)。二十四史の一。編纂者は宋濂高啓など。本紀47、表8、志58、列伝97の計210巻からなる紀伝体。成立は1369年洪武3年)。収録年代はモンゴル帝国チンギス・カン1206年から順帝トゴン・テムル1367年まで。拙速な編纂により、二十四史の中でも最も評判が悪く、20世紀になって『新元史』が編纂されることになった。

概要[編集]

前年に皇帝に即位後、元を華北から追い落とした洪武帝は洪武2年2月に詔を出すと、宋濂を主幹として『元史』の編纂を始めた。半年後の8月に一旦終了後、翌年2月に再び開始して8月に完成を見た。編纂に携わった宋濂・高啓らはいずれも当代一流の文人であったが、『元史』には多くの問題点があった。その原因として第一に、明が成立して即座に編纂が行われたことが挙げられる。普通、正史の編纂には恣意的なものが混じらないように、100年程度の間隔をおいてから行うのが良いとされる。第二に、開始から1年半というごく短時間にて完成したことが挙げられる。その次の正史である『明史』が94年という、歴代でも最長の時間をかけたのとは好対照である。

洪武帝がここまで編纂を急いだのは、漢族王朝を復興したという立場から、夷狄の王朝である元を一刻も早く過去の存在となすと、自らの正当性を誇示したかったゆえと推察される。

『元史』の問題点。

  • 2段階にわたって編纂が行われたが、この間の摺り合わせが行われていない。列伝の31巻に元末の人物が記述されているが、その次の32巻でモンゴル帝国時代の耶律楚材が記述されている。また、一人の人物に複数の伝を立ててしまっていることもある。また、モンゴル族などの名前の漢字表記も統一されていないものがあり、例えば列伝の8巻の速不台と9巻の雪不台とはどちらもモンゴルの将・スブタイのことである。
  • 顕彰碑文など、到底中立とは言いがたい史料をそのまま丸写しにしていたり、更に写す際に歴史書としての体裁に合うように文体を改めることすらしていない。

生の史料の丸写しがあるせいで、別の意味での史料的価値は高いとも言える。

内容[編集]

本紀[編集]

  1. 本紀第一 - 太祖
  2. 本紀第二 - 太宗定宗
  3. 本紀第三 - 憲宗
  4. 本紀第四 - 世祖
  5. 本紀第五 - 世祖二
  6. 本紀第六 - 世祖三
  7. 本紀第七 - 世祖四
  8. 本紀第八 - 世祖五
  9. 本紀第九 - 世祖六
  10. 本紀第十 - 世祖七
  11. 本紀第十一 - 世祖八
  12. 本紀第十二 - 世祖九
  13. 本紀第十三 - 世祖十
  14. 本紀第十四 - 世祖十一
  15. 本紀第十五 - 世祖十二
  16. 本紀第十六 - 世祖十三
  17. 本紀第十七 - 世祖十四
  18. 本紀第十八 - 成宗
  19. 本紀第十九 - 成宗二
  20. 本紀第二十 - 成宗三
  21. 本紀第二十一 - 成宗四
  22. 本紀第二十二 - 武宗
  23. 本紀第二十三 - 武宗二
  24. 本紀第二十四 - 仁宗
  25. 本紀第二十五 - 仁宗三
  26. 本紀第二十六 - 仁宗四
  27. 本紀第二十七 - 英宗
  28. 本紀第二十八 - 英宗二
  29. 本紀第二十九 - 泰定帝
  30. 本紀第三十 - 泰定帝二
  31. 本紀第三十一 - 明宗
  32. 本紀第三十二 - 文宗
  33. 本紀第三十三 - 文宗
  34. 本紀第三十四 - 文宗
  35. 本紀第三十五 - 文宗
  36. 本紀第三十六 - 文宗
  37. 本紀第三十七 - 寧宗
  38. 本紀第三十八 - 順帝
  39. 本紀第三十九 - 順帝二
  40. 本紀第四十 - 順帝三
  41. 本紀第四十一 - 順帝四
  42. 本紀第四十二 - 順帝五
  43. 本紀第四十三 - 順帝六
  44. 本紀第四十四 - 順帝七
  45. 本紀第四十五 - 順帝八
  46. 本紀第四十六 - 順帝九
  47. 本紀第四十七 - 順帝十

[編集]

  1. 志第一 - 天文一
  2. 志第二 - 天文二
  3. 志第三上 - 五行一
  4. 志第三下 - 五行二
  5. 志第四 - 暦一
  6. 志第五 - 暦二
  7. 志第六 - 暦三
  8. 志第七 - 暦四
  9. 志第八 - 暦五
  10. 志第九 - 暦六
  11. 志第十 - 地理一
  12. 志第十一 - 地理二
  13. 志第十二 - 地理三
  14. 志第十三 - 地理四
  15. 志第十四 - 地理五
  16. 志第十五 - 地理六
  17. 志第十六 - 河渠一
  18. 志第十七上 - 河渠二
  19. 志第十七下 - 河渠三
  20. 志第十八 - 礼楽一
  21. 志第十九 - 礼楽二
  22. 志第二十 - 礼楽三
  23. 志第二十一 - 礼楽四
  24. 志第二十二 - 礼楽五
  25. 志第二十三 - 祭祀一
  26. 志第二十四 - 祭祀二
  27. 志第二十五 - 祭祀三
  28. 志第二十六 - 祭祀四
  29. 志第二十七上 - 祭祀五
  30. 志第二十七下 - 祭祀六
  31. 志第二十八 - 輿服一
  32. 志第二十九 - 輿服二
  33. 志第三十 - 輿服三
  34. 志第三十一 - 選挙一
  35. 志第三十二 - 選挙二
  36. 志第三十三 - 選挙三
  37. 志第三十四 - 選挙四
  38. 志第三十五 - 百官一
  39. 志第三十六 - 百官二
  40. 志第三十七 - 百官三
  41. 志第三十八 - 百官四
  42. 志第三十九 - 百官五
  43. 志第四十 - 百官六
  44. 志第四十一上 - 百官七
  45. 志第四十一下 - 百官八・選挙附録
  46. 志第四十二 - 食貨一
  47. 志第四十三 - 食貨二
  48. 志第四十四 - 食貨三
  49. 志第四十五上 - 食貨四
  50. 志第四十五下 - 食貨五
  51. 志第四十六 - 兵一
  52. 志第四十七 - 兵二
  53. 志第四十八 - 兵三
  54. 志第四十九 - 兵四
  55. 志第五十 - 刑法一
  56. 志第五十一 - 刑法二
  57. 志第五十二 - 刑法三
  58. 志第五十三 - 刑法四

[編集]

  1. 表第一 - 后妃表
  2. 表第二 - 宗室世系表
  3. 表第三 - 諸王表
  4. 表第四 - 諸公主表
  5. 表第五上 - 三公表一
  6. 表第五下 - 三公表二
  7. 表第六上 - 宰相年表一
  8. 表第六下 - 宰相年表二

列伝[編集]

  1. 列伝第一 后妃一 - 太祖后孛児台旭真太宗后脱列哥那定宗后斡兀立海迷失・憲宗后忽都台・世祖后察必・世祖后南必・成宗后失憐答里・成宗后卜魯罕・武宗后真哥・武宗后速哥失里・武宗妃亦乞烈氏・唐兀氏・仁宗后阿納失失里・英宗后速哥八剌・泰定帝后八不罕・泰定帝妃必罕・速哥答里・明宗后邁來迪・明宗后八不沙・文宗后卜答失里・寧宗后答里也忒迷失・順帝后答納失里順帝后伯顔忽都順帝后完者忽都
  2. 列伝第二 - 睿宗裕宗顕宗順宗
  3. 列伝第三 后妃二 - 睿宗后唆魯和帖尼裕宗后伯藍也怯赤・顕宗后普顔怯里迷失・順宗后答己
  4. 列伝第四 - 別里古台朮赤・禿剌・牙忽都・寛徹普化・帖木児不花
  5. 列伝第五 - 特薛禅・孛禿・阿剌兀思剔吉忽里
  6. 列伝第六 - 木華黎博魯朮博爾忽
  7. 列伝第七 - 察罕・札八児火者・朮赤台・鎮海・肖乃台・吾也而・曷思麦里
  8. 列伝第八 - 速不台・按竺邇・畏答児・博羅歓・抄思
  9. 列伝第九 - 巴而朮阿而忒的斤・鉄邁赤・按扎児忙漢・雪不台・唵木海・昔里鈐部・槊直腯魯華・昔児吉思・哈散納
  10. 列伝第十 - 布智児・召烈台抄兀児・闊闊不花・拜延八都魯・阿朮魯・紹古児子忽都虎・阿剌瓦而思・抄児阿必察・也蒲甘卜昂阿禿・趙阿哥潘・純只海・苫徹抜都児・怯怯里・相兀速・塔不已児・脱察剌・直脱児・忽剌出・月里麻思・捏古剌阿塔赤・阿児思蘭・哈八児禿・察罕・艾貌
  11. 列伝第十一 - 塔本・哈剌亦哈赤北魯・塔塔統阿・岳璘帖穆爾・李楨・速哥・忙哥撒児・孟速思
  12. 列伝第十二 - 賽典赤贍思丁・布魯海牙・高智耀・鉄哥
  13. 列伝第十三 - 安童兀都帯廉希憲
  14. 列伝第十四 - 伯顔
  15. 列伝第十五 - 阿朮・阿里海牙・相威・土土哈
  16. 列伝第十六 - 来阿八赤・紐璘・阿剌罕・阿塔海・唆都・李恒
  17. 列伝第十七 - 徹里・不忽木・完沢・阿魯渾薩理
  18. 列伝第十八 - 速哥・囊加歹・忙兀台・奥魯赤・完者都・伯帖木児・懐都・亦黒迷失・拝降
  19. 列伝第十九 - 杭忽思・歩魯合答・玉哇失・麦里・探馬赤・抜都児・昂吉児・哈剌・沙全・帖木児不花
  20. 列伝第二十 - 塔出・拝延・也罕的斤・葉仙鼐・脱力世官・忽剌出・重喜・旦只児・脱歓・失里伯・孛蘭奚・怯烈・暗伯・也速児・昔都児
  21. 列伝第二十一 - 撒吉思・昔班・鉄連・愛薛・闊闊・禿忽魯・唐仁祖・朶児赤・和尚・劉容・迦魯納答思・闊里吉思英語版・小雲石脱忽憐・斡羅思・朶羅台・也先不花
  22. 列伝第二十二 - 鉄哥朮・塔出・塔里赤・塔海帖木児・口児吉・忽都・孛児速・月挙連赤海牙・阿答赤・明安・忽林失・失剌抜都児・徹里・曷剌・乞台・脱因納・和尚
  23. 列伝第二十三 - 哈剌哈孫・阿沙不花・拝住
  24. 列伝第二十四 - 察罕・曲樞・阿礼海牙・奕赫抵雅爾丁・脱烈海牙
  25. 列伝第二十五 - 康里脱脱・燕鉄木児伯顔・馬札児台・脱脱
  26. 列伝第二十六 - 乃蛮台・朶児只・朶爾直班・阿魯図・紐的該
  27. 列伝第二十七 - 別児怯不花・太平・鉄木児塔識・達識帖睦邇
  28. 列伝第二十八 - 太不花・察罕帖木兒擴廓帖木兒
  29. 列伝第二十九 - 答失八都魯・慶童・也速・徹里帖木児・納麟
  30. 列伝第三十 - 馬祖常・自当・阿栄・小雲石海涯・泰不華・余闕
  31. 列伝第三十一 - 答里麻・月魯帖木児・卜顔鉄木児・星吉・福寿・道童
  32. 列伝第三十二 - 亦憐真班・廉恵山海牙・月魯不花・達礼麻識理
  33. 列伝第三十三 - 耶律楚材粘合重山楊惟中
  34. 列伝第三十四 - 張柔史天倪史天祥
  35. 列伝第三十五 - 董俊・厳実
  36. 列伝第三十六 - 耶律留哥・劉伯林・郭宝玉・石天応・耶律禿花・王珣
  37. 列伝第三十七 - 石抹也先・何伯祥・李守賢・耶律阿海・何実・郝和尚抜都・趙瑨・石抹明安・張栄・劉亨安
  38. 列伝第三十八 - 薛塔剌海・高閙児・王義・王玉・趙迪・邸順・王善・杜豊・石抹孛迭児・賈塔剌渾・奧敦世英・田雄・張抜都・張栄・趙天錫
  39. 列伝第三十九 - 張晋亨・王珍・楊傑只哥・劉通・岳存・張子良・唐慶・斉栄顕・石天禄・石抹阿辛・劉斌・趙柔
  40. 列伝第四十 - 劉敏・王・王守道・高宣・王玉汝・焦徳裕・石天麟・李邦瑞・楊奐・賈居貞
  41. 列伝第四十一 - 洪福源・鄭鼎・李進・石抹按只・謁只里・鄭温
  42. 列伝第四十二 - 汪世顕・史天沢
  43. 列伝第四十三 - 董文炳・張弘範
  44. 列伝第四十四 - 劉秉忠・張文謙・郝経
  45. 列伝第四十五 - 姚枢・許衡・竇黙
  46. 列伝第四十六 - 宋子貞・商挺・趙良弼・趙璧
  47. 列伝第四十七 - 王磐・王鶚・高鳴・李冶・李昶・劉肅・王思廉・李謙・徐世隆・孟祺・閻復
  48. 列伝第四十八 - 楊大淵・劉整
  49. 列伝第四十九 - 李忽蘭吉・李庭・史弼・高興・劉国傑
  50. 列伝第五十 - 李徳輝・張雄飛・張徳輝・馬亨・程思廉・烏古孫沢・趙炳
  51. 列伝第五十一 - 楊恭懿・王恂郭守敬・楊桓・楊果・王構・魏初・焦養直・孟攀麟・尚野・李之紹
  52. 列伝第五十二 - 張禧・賈文備・解誠・管如徳・趙匣剌・周全・孔元・朱国宝・張立・斉秉節・張万家奴・郭昂・綦公直・楊賽因不花・鮮卑仲吉・完顔石柱
  53. 列伝第五十三 - 王綧・隋世昌・羅璧・劉恩・石高山・鞏彦暉・蔡珍・張泰亨・賀祉・孟徳・鄭義・張栄実・石抹狗狗・楚鼎・樊楫・張均・信苴日・段興智・信苴福・王昔剌・趙宏偉
  54. 列伝第五十四 - 張立道・張庭珍・張恵・劉好礼・王国昌・姜彧・張礎・譚資栄・王惲
  55. 列伝第五十五 - 陳祐・劉宣・何栄祖・陳思済・秦長卿・姚天福・許国禎
  56. 列伝第五十六 - 賀仁傑・賈昔剌・劉哈剌八都魯・石抹明里・謝仲温・高觿・張九思・王伯勝
  57. 列伝第五十七 - 尚文・申屠致遠・雷膺・胡祗遹・王利用・暢師文・張炤・袁裕・張昉・郝彬・高源・楊湜・呉鼎・梁徳珪
  58. 列伝第五十八 - 劉因・呉澄
  59. 列伝第五十九 - 程鉅夫・趙孟頫・鄧文原・袁桷・曹元用・斉履謙
  60. 列伝第六十 - 崔斌・崔彧・葉李・燕公楠・馬紹
  61. 列伝第六十一 - 姚燧・郭貫・夾谷之奇・劉賡・耶律有尚・郝天挺・張孔孫
  62. 列伝第六十二 - 張珪・李孟・張養浩・敬儼
  63. 列伝第六十三 - 曹伯啓・李元礼・王寿・王倚・劉正・謝讓・韓若愚・趙師魯・劉徳温・尉遅徳誠・秦起宗
  64. 列伝第六十四 - 張思明・呉元珪・張昇・臧夢解・陳顥
  65. 列伝第六十五 - 梁曾・劉敏中・王約・王結・張伯淳
  66. 列伝第六十六 - 賀勝・楊朶児只・蕭拝住
  67. 列伝第六十七 - 耶律希亮・趙世延・孔思晦
  68. 列伝第六十八 - 元明善・虞集掲傒斯黄溍
  69. 列伝第六十九 - 張起巌・欧陽玄・許有壬・宋本・謝端
  70. 列伝第七十 - 王守誠・王思誠・李好文・孛朮魯翀・李泂・蘇天爵
  71. 列伝第七十一 - 王都中・王克敬・任速哥・陳思謙・韓元善・崔敬
  72. 列伝第七十二 - 呂思誠・汪沢民・干文伝・韓鏞・李稷・蓋苗
  73. 列伝第七十三 - 張楨・帰暘・陳祖仁・成遵・曹鑑・張翥
  74. 列伝第七十四 - 烏古孫良楨・賈魯・逯魯曾・貢師泰・周伯琦・呉当
  75. 列伝第七十五 - 董摶霄・劉哈剌不花・王英・石抹宜孫
  76. 列伝第七十六 儒学一 - 趙復・金履祥・許謙・陳櫟・胡一桂・黄沢・同恕・安熙
  77. 列伝第七十七 儒学二 - 胡長儒・熊朋来・戴表元・牟応龍・陳孚・董朴・楊載・劉詵・韓性・呉師道・陸文圭・周仁栄・陳旅・李孝光・宇文公諒・伯顔・贍思
  78. 列伝第七十八 良吏一 -
  79. 列伝第七十九 良吏二 -
  80. 列伝第八十 忠義一 - 李伯温・石珪・攸哈剌抜都・任志・耶律忒・伯八・合剌普華・劉天孚・蕭景茂
  81. 列伝第八十一 忠義二 - 張桓・李黼・李斉・褚不華・郭嘉・喜同・韓因・卞琛・喬彝・顔瑜・王士元・楊樸・趙璉・孫撝・石普・盛昭・楊乘・納速剌丁
  82. 列伝第八十二 忠義三 - 伯顔不花的斤・樊執敬・全普庵撒里・周鏜・聶炳・劉耕孫・兪述祖・桂完沢・丑閭・孛羅帖木兒・彭庭堅・王伯顔・劉濬・朶里不花・野峻台・陳君用・卜理牙敦・潮海・魏中立
  83. 列伝第八十三 忠義四 - 普顔不花・閔本・趙弘毅・鄭玉・柏帖穆爾・迭里彌実・朴賽因不花・丁好礼
  84. 列伝第八十四 孝友一 -
  85. 列伝第八十五 孝友二 -
  86. 列伝第八十六 隱逸 - 杜瑛・張特立・杜本・孫轍・何中・武恪
  87. 列伝第八十七 列女一 -
  88. 列伝第八十八 列女二 -
  89. 列伝第八十九 釋老 - 八思巴丘処機・祁志誠・張宗演・酈希成・蕭輔道
  90. 列伝第九十 方技 - 田忠良・靳徳進・張康・孫威・阿老瓦丁・亦思馬因・阿尼哥
  91. 列伝第九十一 宦者 - 李邦寧・朴不花
  92. 列伝第九十二 姦臣 - 阿合馬盧世栄桑哥・鉄木迭児・哈麻・搠思監
  93. 列伝第九十三 叛臣 - 李璮・王文統・阿魯輝帖木児
  94. 列伝第九十四 逆臣 - 鉄失・孛羅帖木児
  95. 列伝第九十五 外夷一 - 高麗耽羅日本
  96. 列伝第九十六 外夷二 - 安南
  97. 列伝第九十七 外夷三 - 占城爪哇琉求三嶼

進元史表[編集]

参考書籍[編集]

外部リンク[編集]

  • 国学ネット — 原典宝庫『元史』(1巻/本紀1 - 210巻/列伝97・編集後記)(簡体字中国語)(簡体字中国語)
  • 二十五史(中国語)