蕭子顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蕭子顕(しょう しけん、487年 - 537年)は、中国南朝歴史家・文学者。は景陽。梁南蘭陵(現在の江蘇省常州)の人。の高帝蕭道成の孫。豫章王・大司馬蕭嶷の第8子。弟に文学者・書家の蕭子雲がいる。

略歴[編集]

幼い頃から聡明で、父の蕭嶷に最も可愛がられたという。7歳の時に寧都県侯に封じられる。南斉末期の混乱に巻き込まれ、自身の命も危ういところであったが、南斉の実権を握った蕭衍(後の梁の武帝)に保護され、彼の簒奪に協力した。蕭衍が梁を建国すると、太子中舎人建康令・国子祭酒侍中・吏部尚書などの要職を歴任した。537年、仁威将軍・呉興太守(現浙江省湖州市)となり、郡に赴任してまもなく死去した。享年49。

蕭子顕は好学で文才に秀で、若い頃沈約に讃えられた。皇太子の蕭綱(後の簡文帝)は蕭子顕を重んじ、いつも彼に宴会の近侍をさせるほどであった。その一方、自らの才能を恃んで傲慢で、吏部尚書であった時、さまざまな賓客と会っても、彼らと言葉を交わさず、ただ手の中の扇子を挙げて自分を扇ぐだけで、そのため多くの人々から憎まれた。葬儀の時、武帝自らの詔により「驕」とされた。

著作には、『後漢書』『晋史草』『斉書(南斉書)』『普通北伐記』『貴倹伝』などがあったが、『南斉書』を除き、ほかはすべて散迭した。

伝記資料[編集]