宋祁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

宋 祁(そう き、998年 - 1061年)は字を子京とする北宋の文学家・史学家。宋癢の弟で、安陸(現湖北省)の人。

兄の癢と共に進士となる。国子監直講太常博士に任じられ、後に龍図閣額士史官修撰に遷る。詩文では兄と名声を等しくし、人々から「二宋」と称された。彼の文は簡単でありながら奥深く、晦渋で流麗な作品も数多く、「紅杏枝頭春意鬧」という名句がある。文集に『宋景文公集』。また欧陽脩と『新唐書』を編纂した。