宋濂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宋濂 /『晩笑堂竹荘画伝』より

宋 濂(そう れん、1310年至大3年) - 1381年洪武14年))は中国初の政治家・儒学者・文学者。は景濂。号は潜渓・無相居・竜門子・玄真子。浦江(浙江省浦江県)出身(先代まで金華・潜渓村)。

貧しい家庭に生まれたが、学問を好み、儒学に精通するようになった。呉萊、柳貫、黄溍といった古文の大家に学び、1335年至元元年)には義塾(私塾)の教師となった。順帝のとき翰林院編修に任ぜられたが、父母に孝養を尽くす事を理由に固辞して隠居し、著述に専念した。

1360年至正20年)、浙東四先生のひとりとして名声が高まっていた宋濂は、有力な反乱勢力となっていた朱元璋(洪武帝)に招聘された。朱元璋が明を建国すると、江南儒学提挙に任ぜられ太子に儒教の経典を講じた。そして、明代の礼楽制度を多く裁定した。1369年(洪武2年)、『元史』の編纂を命じられ、その主任となった。官は翰林学士承旨・知制誥に至った。1377年(洪武10年)、老齢を理由に官を辞し故郷に帰った。1380年、孫の宋慎牽が胡惟庸の獄に巻き込まれ、家族全員が茂州(現四川省茂県)に流罪となった。そして流刑地に赴く途中夔州(現重慶市奉節県)で病死した。は文憲。

文学史の分野では、宋濂は劉基高啓とならんで明初の詩文三大家の一人に数えられている。儒教においても、自ら儒教の伝統の正統な継承者を以て任じていた。代の文を手本に「宗経」「帰古」をモットーとして多くの著作を残した。その他の著作は伝記散文が主で、その文体は質朴簡潔であるが、おおらかで優雅な面ももつというそれぞれに異なった特色がある。朱元璋は宋濂を評して「開國文臣之首」(開国に功のある文臣の首席)とし、劉基は「當今文章第一」(当代随一の文章家)と賞賛し、当時の様々な学者たちは「太史公」(『史記』の作者司馬遷になぞらえる)と呼んでいた。著作には『宋学士全集』・『浦陽人物記』・『洪武聖政記』がある。

弟子に明代初期の有名な学者方孝孺がいた。