ソルコクタニ・ベキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉座のトルイとその家族。トルイの左手に座る婦人が正妃ソルコクタニ・ベキ(『集史』パリ本)

ソルコクタニ・ベキモンゴル語: ᠰᠥᠯᠺᠥᠺᠲᠠᠨᠢ ᠪᠡᠺᠢ 転写: sölköktani beki[1]ペルシア語: سرقویتی بیگی‎ 転写: srquyti bigi: 唆鲁禾帖尼 キリル文字転写: Сорхагтани1192年? - 1252年)は、チンギス・カンの第4子・トルイの正妃[2]。『世界征服者史』では سرقويتى بيكى Surqūytī Bīkī?、『集史』トルイ・ハン紀などでは سيورقوقتينى بيكى Suyūrqūqtīnī Bīkī、سورققتيى بيكى Sūrqaqtanī Bīkī など。『元朝秘史』(巻7・186段)では莎塔尼 別乞、『元史』后妃表では唆魯和帖尼妃子と表記される。ソルカクタニ・ベキ(Sorqaqtani Beki)ともカナ表記される。至元3年(1266年)にクビライによって莊聖皇后と追諡された。

血縁関係[編集]

ケレイト部族の王であったオン・ハン(トグリル)の実弟・ジャガ・ガンボモンゴル語版[3](ケレイテイ)の第3女。長姉がチンギスの妃になっているため、チンギスの義妹にもあたる。チンギスの第4子・トルイの正妃となった[2]。トルイとの間に、モンゴル帝国の第4代モンゴル皇帝となった長男モンケ、第5代皇帝で王朝の創始者となった四男クビライイルハン朝の創始者となった五男フレグ、クビライとハーン位を争った六男アリクブケを出産している。

生涯[編集]

父のジャガ・ガンボは実兄であるオン・ハンやその嫡子であるイルカ・セングンと不仲で、チンギスと仲が良かったという。そのため、1204年に兄と甥がチンギスに敗れて死去しても、娘をチンギスやその子・トルイに嫁がせるなどして厚遇を手にしている。

ソルコクタニ・ベキはトルイと仲が良く、この間に4人の男児に恵まれている。1232年に夫が急死すると、長男のモンケにトルイ家を継がせ、自らはその後見役のような立場となった。1241年に第2代モンゴル皇帝・オゴデイが死去して次代の皇帝位をめぐる争いが起こると、オゴデイの長男・グユクが生母・ドレゲネの強い支持を受けて1246年に第3代のモンゴル皇帝として即位する。しかしジョチ家の当主・バトゥやモンケとその母であるソルコクタニ・ベキらはこの即位に不満を持ち、ソルコクタニ・ベキはバトゥと密かに連絡を取り合って密約を交わしたりしたという。1248年4月にグユクは急死を遂げているが、ビシュバリク方面にグユクが遠征しているのを警戒するようにとバトゥに知らせ、それを受け取ったバトゥがグユクを暗殺したという説もある。

グユクの死後、ソルコクタニ・ベキはバトゥと協力してオゴデイ家の政権を否定して自らの長男・モンケを擁立し、1251年までに第4代のモンゴル皇帝として即位させた。それを見て安心したのか、間もなく病に倒れ、1252年からモンケ・クビライ・フレグらによる遠征が始まる中で死去した。

夫が早世した後、その間に生まれた若年の息子たちを育て上げてトルイ家を盛り立て、その息子たちがいずれも王朝の王となったことから、彼女を「賢夫人」と評価する声もある。『集史』トルイ・ハン紀ではソルコクタニを「王国の4つの支柱として立ったチンギス・ハンの4人の息子のような、彼(トルイ)の尊厳ある4人の息子の母」と称している。

脚注[編集]

  1. ^ Sorqoqtani Bekiとも
  2. ^ a b 『集史』トルイ・ハン紀によると、「トルイ・ハンのハトゥンたちのなかで最上位かつ最も愛された者は、彼女であった( بزرگترين و محبوب ترين خواتين تولوی خان او بود buzurugtarīn wa maḥbūbtarīn khawātīn-i Tūlūy Khān ū būd)」とある。
  3. ^ 中国語「札合敢不」、英語「Jakha Gambhu」

関連項目[編集]