イリンジバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イリンジバル
ᠷᠢᠨᠴᠢᠨᠪᠠᠯ
モンゴル帝国第14代皇帝(大ハーン
YuanEmperorAlbumIrinchinbalPortrait.jpg
イリンジバル肖像画(国立故宮博物院所蔵)
在位 1332年10月23日 - 1332年12月14日
出生 泰定3年3月29日1326年5月1日
死去 至順3年11月26日1332年12月14日
大都
配偶者 ダリエテミシ
王家 クビライ家
父親 コシラ
母親 バブサ
テンプレートを表示
恵宗 奇渥温懿質班
第10代皇帝
王朝
都城 大都
諡号 冲聖嗣孝皇帝
廟号 寧宗
年号 至順 : 1332年

イリンジバルモンゴル語ᠷᠢᠨᠴᠢᠨᠪᠠᠯ Rinčinbalチベット語: རིན་ཆེན་དཔལ། rin chen dpal中国語: 懿璘質班 Irinjibar1326年5月1日 - 1332年12月14日)は、モンゴル帝国)の第14代皇帝(大ハーン)。読みは、イリンジバル(中国語)、リンチンバル(モンゴル語)、リンチェンパル(チベット語)。

生涯[編集]

明宗コシラの次男。母バブサ(八不沙)はナイマン部の人で、コシラが即位以前、アルタイ山脈の西に亡命していたときに生まれた。コシラが不審な急死を遂げて弟の文宗トク・テムルが即位すると、鄜王に封ぜられた。

1332年旧暦8月にトク・テムルが病死したとき、トク・テムルには実子エル・テグスがいたが、トク・テムルはコシラの子を次代のハーンに立てるように遺言した[1]

トク・テムルを擁立して独裁権力を握っていた中書右丞相エル・テムルはコシラを毒殺したと言われており、彼は皇后ブダシリにトク・テムルの皇子エル・テグスを擁立することを提案した[2]。ブダシリはエル・テムルの力が増すことを恐れて、トク・テムルの遺言に従ってコシラの子を擁立することを望んだ[3]

長子のトゴン・テムルは都から遠く離れた広西に流されており、次子のイリンジバルが大ハーン擁立された。エル・テムルはイリンジバルを10月に即位させ、ブダシリが皇太后として後見した。同年12月、新帝イリンジバルはわずか43日の在位で急逝した[1][2][3]

エル・テムルは改めてブダシリにエル・テグスの即位を要請したが、エル・テグスが幼いことを理由に再び固辞された[2]。既に13歳になって分別のつく年頃である長子のトゴン・テムルを即位させるのに難色を示したが[1]、最終的にトゴン・テムルが呼び戻された。

后妃[編集]

  • 皇后:ダリエテミシ(答里也忒迷失) - コンギラト部出身。

元号[編集]

  • 至順(1332年旧暦10月- 1332年旧暦12月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 杉山『モンゴル帝国の興亡(下)世界経営の時代』、218頁
  2. ^ a b c ドーソン『モンゴル帝国史』3巻、201頁
  3. ^ a b 外山「寧宗(元)」『アジア歴史事典』7巻、274頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]