李百薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李 百薬(り ひゃくやく、565年 - 648年)は、歴史家は重規、本貫は定州安平(今の河北省安平)。

経歴[編集]

の内史令李徳林の子として生まれた。父の李徳林は北斉の歴史書を書いていたが、完成できなかった。

百薬は幼い頃病弱で、祖母の趙氏にそのために「百薬」と名づけられた。7歳で文章をよくし、父の友の陸乂と徐陵の文を読み、難解な一節を読みこなしたので驚かれた。蔭官により三衛長として仕官した。隋の開皇初年、太子通事舎人・東宮学士に任ぜられた。599年、仁寿宮に召されて、父の安平公の爵位を継いだ。楊素牛弘らに才能を愛され、礼部員外郎に任ぜられた。命を受けて五礼や律令や陰陽の書を定めた。

かつて病のため舎人を辞任したとき、楊広(のちの煬帝)が揚州にいて、百薬を召したが百薬は赴かなかった。そのため煬帝が即位すると、爵位を奪われ、桂州司馬に左遷された。そこで官を退いて郷里に帰った。613年会稽にあって管崇の乱に遭い、城を守るのに功績を挙げて、建安郡丞に任ぜられた。

隋末に江南は乱が続き、沈法興李子通杜伏威らが興亡したが、百薬はかれらの下を転々とした。唐の高祖李淵が杜伏威を招諭したとき、百薬は杜伏威を説得して長安に向かわせた。杜伏威は途中で後悔して百薬を殺そうとしたが、王雄誕の保護で救われた。輔公祏が叛くと、吏部侍郎に任ぜられた。高祖は「百薬も叛いた」と怒ったが、杜伏威が百薬を殺すよう輔公祏に命じた手紙をえて、百薬の一命を許した。唐が輔公祏を平定すると、百薬は涇州司馬に左遷された。

627年、中書舎人に任ぜられ、安平県男に封ぜられた。翌年、礼部侍郎となった。ときに皇族や功臣に土地を分け与える議論が起きたが、百薬は「封建論」を上書して反対の論陣を張り、太宗は百薬の意見を採って取りやめた。630年、太子右庶子に任ぜられた。太子李承乾の素行が改まらないので、「賛道賦」を作って太子を諫めた。

父の遺稿を引き継いで北斉の歴史書を書きつづり、636年に完成させて、『斉書』といった。後の代に蕭子顕の『南斉書』と区別して『北斉書』と改名された。

子に李安期があった。

伝記資料[編集]

  • 旧唐書巻七十二 列伝第二十二「李百薬伝」
  • 新唐書巻一百二 列伝第二十七「李百薬伝」