女性語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

女性語(じょせいご)とは、女性特有の言い回しや言葉。対になるものは男性語

日本語の女性語[編集]

近代以前の日本では、女性の話し言葉には、地域や階層により大きな違いがあった。江戸時代には、武家や上流町人の間では「丁寧な言葉遣いを用いる」「漢語よりも和語を用いる」などが女性の言葉遣いとして望ましいとされ、また女房言葉廓詞のような特殊な社会で発達した女性語の一部が上流階層の女性に広まることもあった。しかし、庶民層では言葉の男女差はほとんどなかった。江戸庶民の口語資料である『浮世風呂』には、下女が遊せ詞(遊ばせ言葉)を批判する場面があるが、その時の下女の台詞は次のようなべらんめえ口調である[1]

なんの、しやらツくせへ。おぐしだの、へつたくれのと、そんな遊せ詞は見ツとむねへ。ひらつたく髪といひナ。おらアきついきれえだア。奉公だから云ふなりになつて、おまへさまお持仏さま、左様然者さやうしからばいつて居るけれど、貧乏世帯を持つちやア入らねへ詞だ。せめて、湯(註:銭湯のこと)へでも来た時は持前もちめえの詞をつかはねへじやア、気がつきらアナ。

現代の日本で一般的に女性語として認識されている言葉の起源は、明治時代に有産階級の女学生の間で発生した「てよだわ言葉」である。「よくってよ」「いやだわ」などの言葉の流行は、当時は「異様なる言葉づかひ」(尾崎紅葉[2])などと文化人の非難の的になったが、結果的には中流以上の女性層で定着し、規範的な女性語として扱われるようになった。

1980年代頃からは、男女ともに「だよ」「だね」「じゃん」といったユニセックスな言い回しが好まれるようになり、「てよだわ言葉」の流れをくむ女性語は中年以上の女性が用いるほかは、オネエ言葉に誇張された形で残っている。ただし、一人称代名詞に関しては依然として男女差が強く意識されており、「僕」や「俺」を常用する女性は極めて少数派である(ボク少女を参照)。

話し言葉としては衰勢にある女性語であるが、話者が女性であることを際立たせるための役割語としては、現在も多用される。女性作家による作品では、女性の台詞は現実の言葉遣いを反映してユニセックスな言い回しであることも多いが、あえて女性語が多用されることもある。

女性語一覧[編集]

ここでは、共通語における主な女性特有あるいは女性的な表現を取り上げる。地方によっては用法が異なったり、男性語であったりする場合もある。

主な言葉[編集]

  • 一人称は「わたし」が基本形で、砕けた「あたし」もよく使われる。改まった場では「わたくし」。これらは女性語であると同時に、男性においても改まった場で使われる言葉である。また、西日本では「うち」も用いられる(共通語では「うちの会社」などの用法はあるが、一人称としては通常用いない)。
  • 二人称は「あなた」が代表的であるが、同輩か目下には「きみ」「あんた」「あーた」などの使用もある。また、現在ではほとんど用いられないが「おまえさん」「おまいさん」などの使用もある。
  • 丁寧語のあとに「わ」「のよ」「かしら」「もの」といった終助詞をつける用法は、お嬢様や貴婦人の言葉として認識されている。「そうですわ」「いますわ」「ですのよ」「できますかしら」「ですもの」など。

あ行[編集]

  • あら 【感動詞】 「あ」を高く発音して、ちょっとした驚きを表す。「ら」を高く発音して不審な気持ちを表わす。
  • あたし 【一人称】 ややくだけた表現。複数形は「あたしたち」「あたしら」「あたしども」。
  • あたくし 【一人称】 ややくだけた表現。
  • あたい 【一人称】 「あたし」がくだけた表現。元は下町女性の言葉で、1970年代から1980年代頃には不良少女などが用いていたが、現在はほとんど使われない。落語に登場する人物・与太郎など、子供時代の言葉が抜けきらない男性も使用していたことが判る。
  • あなたあんた 【二人称】 女性が多用するが、男性も使う。複数形は「あなたたち」「あんたたち」。
  • いやーんやーん 【感動詞】 不快な、または意外なことに驚きを表現する言葉。何かを拒絶している意味合いは無い。「心が動揺せずに居られない」といった事から来た表現である。
  • うち 【一人称】 複数称は「うちら」。本来は西日本の女性語であるが、近年は首都圏などでも使われることがある。
  • うふっうふふ 主に女性の笑い声を表す言葉。稀に男性によっても使われる[3]
  • ええ 【応答詞】 概ね肯定的な返事。男性も改まった場を中心に使用することがある。
  • 【丁寧語】 お菓子、お皿のように、言葉の上に付ける表現。男性も幾分使うが、女性は多用する傾向がある。美化語の一種。男性が用いる場合は「あなたの…」という意味であることが多い。自分が書いたのは手紙、あなたから届いたのはお手紙。よって女性は「お雑巾」と言ったりもするが、男性は言わない。
  • おほほ 【感動詞】 上流階級の女性の笑い声を表す言葉。

か行[編集]

  • かしらかしらん 【副助詞・終助詞】 女性がよく使う疑問の言葉。「か知らぬ」が変化したもので、本来は男女問わずに使われる表現である。
  • かしこあらあらかしこ 【手紙】 女性が手紙の文章の最後につける。
  • かわいー 【感動詞】 たまらなく可愛いもの、あるいは衝撃的にすばらしいものを見たときの感動詞。
  • きーっ 【感動詞】 女性が悔しがる時に発する言葉。
  • きゃっきゃーきゃあきゃーっ 【感動詞】 女性の悲鳴の表現として使う。濁点が付くぎゃーは通常、男性の悲鳴表現に用い、女性が用いる時はよほど生理的・根源的な驚きや嫌悪から発したものとみなされる。
  • くださいませ、くださいまし 【助動詞】 「ください」を丁寧に言う表現。どちらかというと、お嬢様や貴婦人の言葉である。「今度、宅へもおはこびくださいまし」。
  • ごきげんよう 【挨拶】 かつての女学校などで使われていた挨拶。出会った時、別れる時共用である。フィクションの世界では、主にお嬢様言葉、貴婦人の言葉として使われることが多い。
  • こと 【終助詞】 丁寧さを表す表現。「結構ですこと」などと用いる。

さ行[編集]

  • ざます 【助動詞】 上流階級の女性が用いる断定詞の言葉。「ございます」の変形。体言または用言の終止形に付く。山の手言葉の代表的な表現。
  • して 【終助詞】 女性が疑問の意味で用いる言葉。「どうかして?」(=どうかなさいましたか?)などと用いる。
  • そう 【感動詞】 女性がよく使う疑問・相槌の言葉。前者は「そうお」と3音で「お」を高く発音する。後者は2音で、「う」が低い。
  • そいで 【疑問詞・感動詞】 「そいで、どうしたの?」というふうに使う女学生言葉。

た行[編集]

  • 【終助詞】 「帰って」(=帰ってください)のような用法は男性も使用するが、「どうなさって?」(どうなさいましたか?)のような女性特有の用法がある。
  • ちょうだい 【終助詞】 「安心してちょうだい」というふうに使う。ただし頂戴するという動詞は女性語ではない。

な行[編集]

  • なさい 命令を表す言葉。一般には名詞に直接付かず、「勉強しなさい」となるところを、「勉強なさい」のように名詞からも直接続く。
  • 【終助詞】 創作の世界で多用されるが、比較的生きている女性語でもある。「そうだね」「それはすごいね」は男性でも一般的だが、「そうね」「それはきれいね」はまず女性のみ使う。
  • 【疑問詞】 男性も場合によっては使う。「あなたはどう思ってるの?」
  • のよ 【終助詞】 主に中年以上の女性、創作の世界で多用される。「それはそれは、ひどい状態だったのよ」。

は行[編集]

  • はいたい 【独立語】 「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」の意味で使われる沖縄独特の表現。
  • ひどーい 【感動詞】 相手や第三者の非道に衝撃を受け、咎める表現。

ま行[編集]

  • まあ 【感動詞】 語尾を下げるアクセントは「呆れた」との感情を示すもので、女性語特有だが、終始高音の場合は通常の驚きや言葉のつなぎを意味し、男女とも用いる。
  • もの 【終助詞】 「…だから」の意味。「なぜって、きまりが悪いんですもの。」などと用いる。

や行[編集]

  • 【終助詞】 「わ」と並んで多用される女性語。「ね」と同様、「そうよ」「きれいよ」など体言に直接続く形式は女性的とされる。ただし、「よ」を下降調で伸ばしながら発音すると、「あっしは神田の生まれよォ」のような男性的な表現になる。

ら行[編集]

  • ランラン、ルンルン 【表現】 主に少女、若い女性がご機嫌な様子。

わ行[編集]

  • 【終助詞】 てよだわ言葉の象徴のような表現。女性語として使用される場合は文末に高く付き、低く付くのものは男性や若い世代の女性も(特に方言で)使用される。「これはひどいわ」。
  • わね 【終助詞】 これも創作の世界でよく使われる。
  • わよわよね 【終助詞】 やや、はすっぱな表現。
  • わたし 【一人称】 男性も公的な場では使う。複数形は「わたしたち」。
  • わたくし 【一人称】 男性も使うが、女性言葉としては貴婦人やお嬢様の一人称とされる。創作の世界で多用される。

日本語以外の女性語[編集]

英米では言語表現の男女差はそれほど顕著ではないが、女性的と言われる表現もある。アメリカ英語では、強調のsoの多用、lovelyやwonderfulといった形容詞の多用、Oh dear!やHow....!、What....?などの感嘆詞を多用すると、女性的な印象になると言われる。ただし、地域差が激しい。
また、付加疑問文ヴィクトリア朝時代、上流貴族の女性が疑問形(疑いのニュアンス)を避けるために使われ始め、後に一般化したとされる。
アメリカ・インディアンの言語の中には、男性と女性で別言語を用いる例が見られる。
映画ダンス・ウィズ・ウルブズにおいては、俳優がダコタ語の特訓を受けたが、指導者が女性のみであり、男性俳優であってもダコタ語の女性語を話す事態となり、ダコタ語を知っている者にとっては笑いを禁じえない内容になったという。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 金水(2003)、139-140頁
  2. ^ 『流行言葉』
  3. ^ ドカベン』の山田太郎など。

関連項目[編集]