あなた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

あなた(彼方、貴方、貴男、貴女)は、特定の人物を直接呼ぶ際に用いる人称名詞。また、指示語の一つで、彼方(かなた、あなた、「遠くに在るもの」の意)にある様。此方(こなた、「近くに有るもの」の意)の対義語

二人称としての「あなた」[編集]

二人称の人物を呼ぶときに使う言葉であり、の対義語である。妻が夫を呼ぶ場合にもよく使用される。君よりも敬意を示す語として使われることが多い。漢字に関しては、男性に対し「貴男」、女性に対し「貴女」などとして区別する場合もある。

指示語としての「あなた」[編集]

彼方(あっち、あなた、かなた)にある様。此方(こっち、こなた)の対義語。ドイツ詩人カール・ブッセの "Über den Bergen" を上田敏が訳詩した「山のあなた」は名訳とされている。この訳文は1899年(明治32年)に出版された『海潮音』にヴェルレーヌの "Chanson d'Automne" (「秋の詩」の意で、訳文では「落葉」。ノルマンディー上陸作戦符牒としてBBCから放送されたことで知られる)の訳文などと一緒に収録されている。

関連項目[編集]