カール・ブッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ヘルマン・ブッセCarl Hermann Busse 独:Karl Hermann Busse, 1872年11月12日 - 1918年12月4日)は、ドイツ詩人作家

ドイツ帝国ポーゼン管区英語版ビルンバウム近郊のリンデンシュタット(現在のポーランドヴィエルコポルスカ県ミェンジフト英語版)生まれ。新ロマン派に属した。ヘルマン・ヘッセの詩才を高く評価し、ヘッセの『詩集』を、自ら編集する「新進ドイツ抒情詩人」シリーズに加えている。

日本では、上田敏が1905年(明治38年)に訳詩集『海潮音』に収めた「山のあなたÜber den Bergen)」で知られる。上田の名訳のおかげで「山のあなた」は国語教科書にもたびたび取り上げられた。そのため、ドイツ本国ではほとんど無名のブッセの名は日本でのほうがはるかに有名、とされている。オトマール・シェックアルバン・ベルク下総皖一がこの詩による歌曲を作曲している(下総は上田敏訳による)。

冒頭の一節は、2代目三遊亭歌奴(後の3代目三遊亭圓歌)が新作落語授業中(山のあな)』でネタにして人気を博し、後年、後輩の5代目鈴々舎馬風が新作落語『会長への道』の作中で「あれであの人(圓歌)は落語協会会長になったようなもの」と評した程の一時代を築いた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]