上田敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上田 敏

上田 敏(うえだ びん、1874年明治7年)10月30日 - 1916年大正5年)7月9日)は、文学者、評論家、啓蒙家、翻訳家。多くの外国語に通じて名訳を残した。で、「上田柳村」とも呼ばれる。「山のあなたの空遠く 『幸』(さひはひ)住むと人の言ふ」(カール・ブッセの「山のあなた」)や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」(ポール・ヴェルレーヌの「落葉」、一般には「秋の歌」)などの訳詞は、今なお、広く知られている。

略歴[編集]

幕臣上田絅二(けいじ)の長男として1874年(明治7年)、東京築地に生まれる。絅二は昌平黌教授をつとめた儒学者の乙骨耐軒の次男。静岡尋常中学、私立東京英語学校、および第一高等学校を経て、1897年(明治30年)東京帝国大学英文科卒。講師小泉八雲から「英語を以て自己を表現する事のできる一万人中唯一人の日本人学生である」とその才質を絶賛されたという。卒業後、東京高等師範学校教授、東大講師(八雲の後任)。

第一高等学校在学中、北村透谷島崎藤村らの文学界同人となり、東大在学中、第一期帝国文学の創刊(1895年明治28年1月))にかかわる。

1902年(明治35年)6月、主宰誌の『芸苑』と廃刊になっていた森鴎外の主宰誌『めざまし草』とを合併し、『芸文』を創刊(その後、出版社とのトラブルで廃刊したものの、10月に後身の『万年艸』を創刊)。その後、鴎外とは家族ぐるみで交際した。

1908年(明治41年)欧州へ留学。帰国後、京都帝国大学教授となる。この頃、「マント事件」によって一高を退学し京都帝大に進学していた菊池寛が上田に師事した。1910年(明治43年)2月15日、慶應義塾大学文学科顧問に就任。

1916年(大正5年)、腎臓疾患で東京の自宅で急逝。享年41。

つぎの「主な作品」の項に見るとおり、ヨーロッパの当時の文芸思潮を熱心に紹介し、後進を啓発した。たとえば永井荷風は、「上田先生などの著述の感化で、西欧の風物文物へのあこがれを持った」由を綴っている(書かでもの記)。

主な作品[編集]

  • 『耶蘇(世界歴史譚)』、博文館、明治32年(1899)。
  • 『最近海外文学』、交友館、明治34年(1901)。
  • 『みをつくし』、文友館、明治34年(1901)。----訳文集
  • 『最近海外文学』、文友館、明治34年(1901)。
  • 『文芸論集』、春陽堂、明治34年(1901)。
  • 『詩聖ダンテ』、金港堂、明治34年(1901)。
  • 『最近海外文学続編』、交友館、明治35年(1902)
  • 海潮音』、本郷書院、明治38年(1905)。----訳詩集
  • 『文芸講話』、金尾文淵堂、明治40年(1907)。
  • 『うづまき』、大倉書店、明治43年(1910)----自伝的小説
  • 『小唄』、阿蘭陀書房、大正4年 (1915)。----小唄撰注
  • 『現代の芸術』、実業之日本社、大正5年(1916)。
  • 牧羊神』、金尾文淵堂、大正8年 (1919)。----訳詩集
  • 『上田敏全集』 全8巻補巻1、改造社、昭和3年 (1928)-昭和6年(1931)。
  • 『定本上田敏全集』、全10巻、教育出版センター、昭和53年(1978)-昭和56年(1981)
復刻版で最終巻が未定稿・書簡・年譜・著作年表などを所収。

外部リンク[編集]