下総皖一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下総 皖一(しもふさ[1] かんいち、本名:下總覺三、1898年3月31日 - 1962年7月8日)は作曲家・音楽教育者。埼玉県北埼玉郡原道村砂原(現・加須市)生まれ。

略歴[編集]

1920年東京音楽学校(現東京藝術大学)で作曲信時潔に師事し首席で卒業。後ドイツベルリン芸術大学パウル・ヒンデミットにも師事して、後に芸大では癖のついた対位法で有名なブラームスヒンデミット系のドイツ音楽語法の先駆者となった。1934年同校助教授。1940年文部省教科書編集委員。1942年同校教授、1956年東京藝術大学音楽学部長。

門下に芸大で團伊玖磨佐藤眞芥川也寸志松本民之助山岸磨夫、プライベートで須田くにおらがいる。童謡文部省唱歌を多く作曲した。また多くの小学校中学校高等学校校歌の作曲も手がけており、総作曲数は1000曲以上にのぼる。

エピソード[編集]

  • ベルリン留学時代のヒンデミットクラスにはハラルド・ゲンツマーがいた。
  • 同時期には木下保諸井三郎もベルリン留学していた。
  • 2008年から毎年七夕の前後に故郷の加須市(旧大利根町)の「下総皖一を偲ぶ会」によるコンサートなどの顕彰活動が行われ、「たなばたさま」などの歌がコーラスグループにより歌われている。

作品[編集]

  • 純音楽作品
    • オーケストラのためのバリエーション
    • 三味線協奏曲(1938)
    • 管弦楽のための行進曲「かちどき」
    • 吹奏楽のための行進曲
    • 箏独奏のためのソナタ(1941)
    • 箏独奏のための数え歌変奏曲
    • 二面の十七絃箏のための「たなばたさま」
    • フリュート、箏、セロのための三重奏曲
    • アコーディオンと箏のための組曲
    • クラリネットと箏のための組曲
    • クラリネットとピアノのための三つの小品
    • クラリネット四重奏のための逝く春
    • 二つのフルートのための小組曲
    • フリュートとピアノのための小曲
    • フリュート、クラリネット、ファゴットのための小舞曲
    • ヴァイオリン、ビオラ、チェロのための主題と変奏
    • ヴァッサカリアと舞曲(1936)
    • ピアノ小曲集第二番メルヘンに寄す
    • 交声曲「聖徳太子奉讃歌」
  • 童謡・文部省唱歌
    • 「野菊」 作詞 石森延男/作曲 下総皖一
    • 「花火」 作詞 井上赳/作曲 下総皖一
    • 「スキー」 作詞者不詳/作曲 下総皖一 (作詞 時雨音羽/作曲 平井康三郎の「スキー」とは別曲)
    • 「ほたる」 作詞 井上赳/作曲 下総皖一
    • 「長い道」 作詞 林柳波/作曲 下総皖一
    • 「母の歌」 作詞 野上弥生子/作曲 下総皖一
    • 「かくれんぼ」 作詞 林柳波/作曲 下総皖一
    • 「兎のダンス」 作詞 野口雨情/作曲 下総皖一
    • 「五十音の唄」 作詞 北原白秋/作曲 下総皖一
    • 「たなばたさま」 作詞 権藤はなよ・林柳波/作曲 下総皖一
    • 「国歌掲揚の歌」 作詞者不詳/作曲 下総皖一
    • 「ゆうやけこやけ」 作詞 文部省唱歌/作曲 下総皖一

主要著書[編集]

教え子[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富樫康『日本の作曲家』p.173