回文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

回文(かいぶん)とは、始めから(通常通り)読んだ場合と終わりから(通常と逆に)読んだ場合とで文字音節の出現する順番が変わらず、なおかつ、言語としてある程度意味が通る文字列のことで、言葉遊びの一種である。あくまで、文字の上での言葉遊びである。英語では palindrome という。

概要[編集]

西暦79年にヴェスヴィオ火山の噴火によって滅亡したヘルクラネウムの街の遺跡に「Sator Arepo Tenet Opera Rotas」という回文が刻まれている事から、回文の起源は少なくとも西暦79年またはそれ以前まで遡る事ができる。英語では「Able was, I ere saw Elba」(ナポレオンの言葉で=英語を話すはずもないが=「エルバ島を見るまで可能と思っていた」)とか、「Madam, I'm Adam」(マダム、私はアダムです)のような例が知られている[1]日本でも「磨かぬ鏡」「竹藪焼けた」など、言葉遊びとして古くからいくつもの例があり、小瀬渺美は安政期に新潟の俳人が刊行した回文俳諧集を挙げて、当時から日本で回文の文化が普及していた可能性を指摘している[2]

著名な古典的回文として以下のものがある。いずれも五七五七七の短歌律形式をとっている。

回文は前読んでも後ろから読んでも意味が同じものだが、これに対し「gateman」(後ろから読むと「nametag」)のように前から読んだ場合と後ろから読んだ場合で意味が変わるものをsemordnilap(シモードニラップ)と呼ぶ。これはpalindromes(=回文)を後ろから読んで作られた造語で、「semordnilap」という単語自身がsemordnilapの例になっている。この言葉は論理学者のDmitri A. Borgmannによって作られたとされている。

日本語回文のルールとして、濁音半濁音促音拗音清音と同一として考えることが多い。すなわち、「は行」と「ば行」と「ぱ行」、「つ」と「っ」、「や」と「ゃ」などは逆から読んだ際に発音が入れ替わっても問題はない。ただし、回文作家の中にはこれを嫌い、発音まで完全に回文にすることにこだわる者もいる。

日本語の回文といえばふつう、かな表記の回文をさす。ローマ字表記日本語の回文(例えば「あかさか」は怪聞ではないが、akasakaがそうで、テープで逆回してもほぼ同じに聞こえる)については、高木茂男 (1976). 数学遊園地. 講談社. ISBN 9784061178915. [4]に例が見える。漢字表記では日本語の文章として成立しないので、単語(特に固有名詞)で回文とみなすこともある。

1661年寛文元年)に刊行された『紙屋川水車集』には以下の41文字の回文があり、最長の日本語回文とされていた。現在では1000文字以上の回文も作られている。

  • はれけき先の日 あのつま香をもとめむ 色白い梅(むめ)ども 岡松のあひのき 咲きければ

回文的な作品[編集]

回文的音楽[編集]

交響曲47番第3楽章の最初と最後

蟹行カノンは、音譜を前から読んだものと後ろから読んだものとを同時に演奏するものである。J.S.バッハの「音楽の捧げもの」にその例がある。

ハイドン交響曲47番『パリンドローム』の第3楽章は、逆から読んでも同じ楽譜になる。

回文的な文章[編集]

ダグラス・ホフスタッターはそれにちなんで著書『ゲーデル、エッシャー、バッハ』の中で回文的な会話からなる作品を作っている。亀とアキレスの会話が続き、途中で蟹がひと喋りして出て行くが、その後の会話が前半のアキレスと亀の立場を変えて逆にたどるように構成されている。

回文的な和歌・俳句[編集]

幕末仙台に一千句以上の回文的な和歌俳諧を創作した廻文師・仙代庵(細屋勘左衛門・1796年-1869年)がいる。

  • わが身かも長閑かな門の最上川(わかみかものとかなかとのもかみかわ)
  • 題目よどんどこどんとよく燃いた(たいもくよとんとことんとよくもいた)
  • 長し短かししかし短かな(なかしみしかししかしみしかな)
  • みな草の名は百と知れ、薬なり、すぐれし徳は花の作並(みなくさのなははくとしれくすりなりすくれしとくははなのさくなみ)
  • 頼むぞのいかにも二階のぞむのだ(たのむそのいかにもにかいのそむのた)
  • 嵯峨の名は宿りたりとや花の笠(さかのなはやとりたりとやはなのかさ)
  • はかなの世しばしよしばし世の中は(はかなのよしはしよしはしよのなかは)

生物学における“回文”[編集]

分子生物学でも回文またはパリンドロームという用語を用いる。これはDNAまたはRNAの配列に関して、二重鎖の一方を読んだ場合と、もう一方(相補鎖)を逆向きに読んだ場合が同じになる構造をいう。制限酵素で切られるターゲット配列はたいてい小規模の回文構造である。また大規模な回文構造はヘアピン状の立体構造をとりうるが、これは遺伝子の調節配列などに多くの例がみられる。

回文を題材にした作品[編集]

書籍[編集]

雑誌・番組内のコーナー[編集]

楽曲[編集]

コマーシャル[編集]

  • 山本山のコマーシャル:山本山が漢字の配列で回文になっている点を取り上げている。
  • やずや(テレビ通販)

キャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これに対してイブも回文で答えた。「Eve」
  2. ^ 小瀬渺美「<実践記録>翻刻と紹介「廻文之俳諧」」聖徳学園岐阜教育大学国語国文学第17集、1998年
  3. ^ a b 『日本歌学大系第4巻』(佐佐木信綱編、昭和31年1月15日・風間書房発行)より
  4. ^ 「Ura ni naru」(裏になる)を「URAN×I=NARU」という覆面算にして解く例が、第II章にある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]