SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Palindrom TENET.svg

SATOR AREPO TENET OPERA ROTASは、ラテン語による回文である。SATOR式とも言われる。 しかも右の図のように四角に組むと、縦から読んでも同じになる。

「農夫のアレポ氏は馬鋤きを曳いて仕事をする」という意味に翻訳できるが、SATORを農夫ではなく農耕神サトゥルヌス、AREPOを名前ではなく「大地の産物」と解釈して二重の意味を持たせていると取ることもできる。

最も古いものはイタリアヘルクラネウムの遺跡から見つかっており、イギリスサイレンセスターシリアドゥラ・エウロポス遺跡でも見つかっている。1世紀中ごろには既に成立していたと考えられている。

関連項目[編集]