アピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーヴル美術館所蔵のアピスの像、エジプト第30王朝時代のもの

アピス (Apis) は、古代エジプトの都市メンフィスで信仰された聖なるエジプト神話プタハの化身、あるいは代理とされる[1]。別名ハピス (Hapis) またはハピアンク (Hapi-ankh) 。

メンフィスでは、プタハの牛には全身に29の特徴があるとされ、その全てを満たす牛をアピスとして崇拝していた。そして誰かが新しいアピスを見つけた時には、前のアピスはナイル川に沈められたと伝えられている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エジプト神話』244-245頁。
  2. ^ 『エジプト神話』245-246頁。

参考文献[編集]