ムト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムト。

ムトMWT, MuT)はエジプト神話の女神である。ヒエログリフでは、「禿鷹」で表され、このヒエログリフの読みは、また「母」をも意味する。元々、テーベカルナック)の地方神であったと考えられるが、アメン神と関連付けられ、アメンの妻とされた。また、コンス神の母ともされ、アメン、コンスとともにテーベ三柱神となる。

エジプトと天空の女主人[編集]

ムトの父は、アメンラーであるが、アメン=ラー神は、アメン神が太陽神ラーと習合されて、太陽神アメンとなったものである。アメンはエジプト新王国時代には、エジプトの主神となったので、「エジプトの主」であるアメンの妃として、ムトは、「エジプトの女主人」の称号を持つこととなった。また、アメンが太陽神となり、「天空の主」となったことより、ムトもまた「天空の女主人」となった。

娘にして、妻にして、母[編集]

ムトはアメンとのあいだで息子を生むが、それはアメン=ラーであり、アメン=ラーはアメンでもあるので、ムトは、アメン=ラーの娘であり、妻であり、母でもあることになる。エジプトでは、父親と娘の結婚は、とくにファラオにおいては珍しいことではなかったので、ムトとアメン=ラーのあいだのこの自己循環しているような関係も、特段に奇異なこととは考えられなかった。

母の母・万物の母[編集]

ムトは「天空の女主人」であるが、同時に「ラーの目」でもある。しかし「ラーの目」はラーの娘なので、ムトは「ラーの娘」となり、またラーの妻にもなった。ムトは最終的に、「太陽の母」となり、「万物の母・母のなかの母」となり、イシスと同一視された。

関連項目[編集]

  • ネフェルタリラムセス2世の正妃であったネフェルタリは、「メリ・エン・ムト」 MeRi-eN-MuT (ムトに寵愛されし者)とも呼ばれた。ネフェルタリは、アブ・シンベル神殿建立においては、ハトホル(HaWT-HoR)と並んで崇拝されたが、ハトホルもまた、母なる女神であり、「ラーの目」、従って「ラーの娘」である。