ケプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Khepri.svg
Khepri
ヒエログリフで表示
xpr
r
i C2

ケプリ[1](Khepri。またはケペラ[1] (Khepera)、KheperKhepraChepriとも)は、エジプト神話における太陽神ラーの形態の一つであり、日の出を表している[2]

人間男性の体にタマオシコガネ(フンコロガシ)の頭をもつ姿で表現される[3]。これは、タマオシコガネが丸めた獣糞を自分の前で転がしながら運ぶ様が、太陽の運行を象徴すると考えられたためである[4]。また、その糞の玉からはタマオシコガネが生み付けた卵が孵って生命が出てくることから、タマムシコガネは自分自身を創造する太陽神を象徴するものとされた[2]。時には、糞玉のように太陽円盤を転がして進むタマムシコガネそのものとしても表現された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『エジプト神話』90頁で確認できる表記。
  2. ^ a b 『エジプト神話』90頁。
  3. ^ a b 『エジプト神話』91頁。
  4. ^ 『エジプト神話』39頁。

参考文献[編集]