メスケネト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
立ち姿のメスケネト

メスケネト(Meskhenet。またはメセネト (Mesenet)、メスケント (Meskhent)、メシュケント (Meshkent) とも呼ばれる)とは、古代エジプト神話における出産女神である。そして彼女はおのおのの子供の、そのの一部であるカーを創造する者であった。誕生の瞬間に、彼女はカーを子供の中に吹き込んだ。彼女は、エジプト人によって最も初期の時代から崇拝された。

神話[編集]

古代エジプトでは、「誕生レンガ」として知られている一対のレンガの上でしゃがむ姿勢で、女性は赤ん坊を出産した。メスケネトは出産のこの姿に関連する女神であった。そのため美術においては、彼女は女性の首と一緒の、牛の子宮がつけられたレンガとして時々描写された。またある時は、彼女は、象徴的な牛の子宮がその被り物についている女性として描写された[1]

カーを創造する役割を果たしてから、彼女は運命と関連していた。したがって後の時代には、彼女は、神が抽象的な概念に発展した後で運命の神とされたシャイと対であると時々言われるようになった[1]

メスケネトは、ウェストカー・パピルスの中では伝説の最後の場面で突出して大きな位置を占めている。伝説は、第五王朝の最初の3代の皇帝で、そして伝説では三つ子と言われている、ウセルカフサフラーネフェルイルカラー・カカイ英語版の誕生について語る。子供のおのおのが生まれた直後にネスケネトは現れ、彼がエジプトの王になるだろうと予言する[2]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Wilkinson, Richard H. (2003). The complete gods and goddesses of ancient Egypt. London: Thames & Hudson. pp. 152–153. ISBN 0-500-05120-8. 
  2. ^ Lichtheim, Miriam (2006). Ancient Egyptian Literature, Volume I: The Old and Middle Kingdoms. Berkeley: University of California Press. pp. 220–222. ISBN 978-0-520-24842-7. 

関連項目[編集]