マアト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マアト神

マアト(Ma'at)は古代エジプト神話の女神マァトまたはマートなどとも表記される。「法」「真理」「正義」を司るとされる。頭上にダチョウの羽を載せた姿で現される。この羽は、真理の象徴とされ、死者の魂を量るため、天秤の皿の一方に置かれた。

ギリシャ神話テミスローマ神話ユースティティアに相当する。

あの世での審判との関連[編集]

あの世での審判(過去の悪行を裁く)時に、天秤の片方に本人の心臓、もう片方にマアトの羽を載せ、つりあわないときは過去に悪行を犯したということがわかる(天秤の釣り合いを見るのは学問の神、トートである)。その場合アメミットという怪物に心臓を食べられ、アアルの野へはいけず、永遠に復活できないと考えられていた。

関連項目[編集]

  • 正義の女神
  • マアト山 - 金星で最も高い火山。マアトにちなんで名づけられた。
  • 弁護士記章 - 日本の弁護士が帯用する記章。マアトの天秤が描かれているとされる。