トート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トートの一般名[1]
ヒエログリフで表示
G26 t
Z4
A40
あるいは
d H w t
Z4
R8
トート神
末期王朝時代のトート神像(ウィーン美術史美術館
ヒヒ型のトート神像(ルーヴル美術館

トートギリシャ語Θωθトト[2]とも)は古代エジプトの知恵を司る。古代エジプトでの発音は完全には解明されていないがジェフティエジプト語ḏḥwty)と呼ばれる。聖獣はトキヒヒ。数学や計量をつかさどる女神であるセシャト英語版を妻(または妹)としている。

信仰[編集]

おもにヘルモポリスで信仰されたが、ほかの地域でも多くの信仰を集めた神である。長い間広い地域で信仰されたため、知恵の神、書記の守護者、時の管理人、楽器の開発者、創造神などとされ、王族、民間人問わず信仰された。そのためある程度の規模を持つ神殿のわきにはトートのための神殿が作られている。

神話[編集]

多くの信仰を集めた神のため、その神話も多岐に渡る。さらに長い期間信仰されたため、多くの役割を持っている。 創世神の一人であり、言葉によって世界を形作るとされる。

誕生[編集]

誕生については諸説あり、世界ができたとき、自らの力で石から生まれたとされる説がいちばん有名である(この場合、早く生まれた為に足が悪くなったとされる)。そのほかにもセト神の頭を割って誕生したという神話もある。

ヘルモポリス神話において[編集]

ヘルモポリス神話において世界はオグドアドと呼ばれる8柱の神々によって作り出されたとされている。その後この神々は眠りにつくが、世界が終焉を迎えたとき、また新しい世界を生み出すために目覚めさせなければならない。この役目を請け負ったのがトートだとされる。

書記の守護者として[編集]

神々の書記であり、ヒエログリフを開発したことから書記の守護者とされた。また死者の審判においては、死者の名前を記録する作業を行う。王が即位したときには、その王の名前をイシェドと呼ばれる永遠に朽ちない葉に書き記す。

時の管理者として[編集]

天空の神ヌトオシリスたちを生む際に、太陽神であるラーが「その子供たちは災いを生む」と言って子供を産むことを禁じた。困ったヌトはトートに相談した。そこでトートは月と賭けをして勝ち、時の支配権を手に入れた。そして太陽神の管理できない5日間を作りだす(太陰暦太陽暦の差)。そしてヌトはこの5日にオシリスセト大ホルスイシスネフティスの5柱を生んだ。そして月としての属性を得たため太陽の沈んだあとの夜の時間は、トート神が太陽にかわって地上を守護するとされる。

魔法使いとして[編集]

トートは魔法に通じており、イシスに数多くの呪文を伝えた。病を治す呪文も熟知していることから医療の神の面もある。さらに彼は魔法の書物を書き、この世のあらゆる知識を収録する42冊の本も書いたと考えられている[3](「トートの書」を参照)。

その他[編集]

楽器の開発者とされるなど、他にも神話上に多くの役割を持っている。ピラミッドの建設方法を人間に伝えたのもトトであるとされる。シナイ半島ではトルコ石や銅鉱石を採掘に行ったエジプト人の守護者として、「遊牧者の主」、「アジア人を征服するもの」と呼ばれている。このシナイでの信仰はハトホルよりも古い。古くはスネフェル王の時代から、シナイ半島の碑文に名前が登場している。

大いなる導きヒヒ」と呼ばれると共に、ヒヒの姿で描かれる事もあるが、これはヒヒを聖獣とする知恵の神ヘジュウルとの習合による物である。ちなみにヒヒは魔術の象徴でもある。また、ラーを補佐する事から「ラーの心臓」とも呼ばれる。

古代エジプト以外でのトート[編集]

ギリシア神話のヘルメス神と同一視された。これが後に発展してヘルメス・トリスメギストスを生んだ。また、ヘルメス思想では、エジプトの知恵はタロットに残されたと考えられたため、タロットはしばしば「トートの書」とも呼ばれた。

近・現代においてもトート(=ヘルメス)はオカルトで重要な存在であり、アレイスター・クロウリーは「トートのタロット」を制作した。また、タロットに関する論文である『トートの書英語版』を執筆している。ただし、この本自体はトート神とは余り関係がない。

脚注[編集]

  1. ^ Hieroglyphs verified, in part, in (Budge The Gods of the Egyptians Vol. 1 p. 402) and (Collier and Manley p. 161)
  2. ^ 『エジプト神話』157頁で確認できる表記。
  3. ^ 『エジプト神話』160頁。

参考文献[編集]