ハピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上下エジプトを結ぶ2人の神として表されるハピ。
供物を手に持つハピ。

ハピ(Hapy, あるいはHapi)は、エジプト神話に登場するナイル川の神。古代エジプトにおいて信仰された。

ハピは顎に髭をはやし、垂れた女性の胸を持つ緑または青色の太った男の姿で表される。女性の胸は豊饒性を表すと考えられている[1]。ハピはまた、ナイル川の北と南を表す2人の神と考えられ、2人で上下エジプトの統一のシンボルに植物を結びつけるサムタウイの儀式を行う姿で表されることもあった[1]。ハピの頭上にはパピルスあるいは睡蓮の葉が描かれる。手には供物が高く積み上げられた盆、もしくは水が流れ出る壷を持っている。上下ナイルを表す2本の植物または2個の壷を持つ姿で表されることもある[2]

エジプトにおいて、毎年発生するナイル川の氾濫は大地に水と肥沃な土壌をもたらすものであった。エジプトの人々は氾濫の期間にハピに食物や装飾品、宝石を供物として捧げた[3]

ハピはナイルの氾濫による恵みをもたらす神として、大地・豊穣・創造を司る神々を養うものであり、また、神々へ捧げられる供物をもたらすものでもあった。ハピは「神々の父」と呼ばれ、原初の水の神であるヌンと同一視された。また、豊穣の神としてオシリスと同一視、あるいはオシリスの化身とみなされることもあった。ハピがその女性の胸でオシリスに乳を与え、オシリスを復活させたという話もある[1]。オシリス信仰期に、エジプトの神々の中でハピの妻とみなされていたのはネクベトであった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c イオンズ, p. 208
  2. ^ イオンズ, p. 210
  3. ^ コッテル, p. 66
  4. ^ イオンズ, pp. 167-168

参考文献[編集]