メンフィス (エジプト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンフィス

座標: 北緯29度50分40.8秒 東経31度15分3.3秒 / 北緯29.844667度 東経31.250917度 / 29.844667; 31.250917 メンフィス (Memphis) とは、現在のエジプト共和国にある古代王朝の遺跡。現在の地域名称はミート・ラヒーナアラビア語版村。

名称の由来[編集]

メンフィスという名は、第6王朝のファラオ、ペピ1世英語版のピラミッド「メンネフェル英語版」のギリシャ語読みが変化したものである。(下記、歴史の項を参照)

概要[編集]

カイロ市の南方27kmのナイル川西岸にある。古代遺跡が残されており、多くの観光客を集める。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

歴史[編集]

エジプト古王国期の統一王朝最初の都であり、初期の都市名は、Ineb Hedj("白い壁")。

エジプト第1中間期の都市名は、Pyramid of Tetiの名であった Djed-Sut ("everlasting places")と呼ばれた[1]

エジプト中王国時代の都市名は、Ankh-Tawy (meaning "Life of the Two Lands")と呼ばれ[2]、都は上エジプトのテーベに移った。

エジプト新王国時代の都市名は、Men-nefer (meaning "enduring and beautiful")と呼ばれ[3]、宗教改革を行ったことで知られるアメンホテプ4世の死後、一時的に都が置かれた。(まもなくテーベに遷都。)

マネトは都市名を、Hut-ka-Ptah (meaning "Enclosure of the ka of Ptah")と記したが、ギリシャ語でAί γυ πτoς (Ai-gy-ptos)となり、これがさらにローマ帝国期にはラテン語でアエギュプトゥスÆGYPTUS)と書かれた。これが今日、国名を英語でEGYPTと書く由来である。

主な遺跡[編集]

ラムセス2世の石像
アラバスターのスフィンクス

アクセス[編集]

カイロ市内からバスが運行されており、およそ1時間で行ける。メンフィス~ギーザ間や、メンフィス~サッカラ間はそれなりに距離があるため、ローカルバスかタクシーをチャーターして行かなければならない。

脚注[編集]

  1. ^ Montet, Géographie de l'Égypte ancienne, (Vol I), p. 28-29.
  2. ^ Najovits, Simson R. Egypt, trunk of the tree: a modern survey of an ancient land (Vol. 1–2), Algora Publishing, p171.
  3. ^ McDermott, Bridget (2001). Decoding Egyptian Hieroglyphs: How to Read the Secret Language of the Pharaohs. Chronicle Books , p.130